@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

質量とエネルギーの等価性【しつりょうとエネルギーのとうかせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

質量とエネルギーの等価性
しつりょうとエネルギーのとうかせい
equivalence between mass and energy
一般には一定量の質量 m は一定量のエネルギー mc2 (c は真空中の光速度) に対応することをいう。すなわち 1kg の質量は 9×1016 J のエネルギーに対応する。したがって,ある反応の前後に体系の静止質量Δm0 だけ減少するとき,運動エネルギー,熱エネルギー,電磁波 (光) エネルギーなどが Δm0c2 だけ増加する。また逆に静止質量が増加すると,エネルギーが減少する。すなわち体系の静止質量 m0 はエネルギー m0c2 に対応する。通常このエネルギーを質量のエネルギーと呼ぶ。化学反応においては静止質量の変化の割合は 10-10 程度できわめて小さいが,原子核が関係する現象においてこの割合は最高約 1%にも達し,質量とエネルギーの等価性が顕著に現れる。この等価性は初め A.アインシュタイン特殊相対性理論から導き出されたが,1932年 J.コッククロフトと E.T.S.ウォルトンが陽子を 7Li に当てて 2個のα粒子に転換させる核反応の実験で検証した。核分裂核融合の際には静止質量の変化が著しく,多量の運動エネルギーや光のエネルギーが生じる。このように原子核の中には質量の形でエネルギーがたくわえられているとみなし,これを核エネルギー,あるいは俗に原子力という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しつりょうとえねるぎーのとうかせい【質量とエネルギーの等価性】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

質量とエネルギーの等価性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

質量とエネルギーの等価性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation