@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

質量作用の法則【しつりょうさようのほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

質量作用の法則
しつりょうさようのほうそく
law of mass action
均一系を構成している物質の質量が,その系の平衡にどのように作用するかを示す法則。 1867年 C.グルベルと P.ウォーゲによって反応速度の研究から帰結された。A,B,C,Dの各物質の活量aAaBaCaD とするとき,αA+βB⇔γC+δD という化学平衝に対しては,次の式が成立つ。

aCγaDδ/aAαaBβK

K は温度が一定であれば定数である。この関係を質量作用の法則という。活量の代りに系が理想気体に近い場合は分圧,また理想溶液に近い場合は濃度を使っても前の関係は成り立つ。 K を一般に平衡定数という。この法則は熱力学統計力学によって導かれる。実用上は不均一系平衡にも適用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しつりょうさよう‐の‐ほうそく〔シツリヤウサヨウ‐ハフソク〕【質量作用の法則】
化学反応における重要な法則の一。化学平衡が成立しているとき、反応物質の各濃度生成物質の各濃度の積とのは、一定温度もとにおいては一定であるという法則。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

質量作用の法則【law of mass action】
化学平衡においては,反応系の物質の濃度の乗積と,生成系の物質の濃度の乗積の比は条件定数となり,一定の温度一定の圧力のもとでは不変である.この比のことを平衡定数(化学)*という.ノルウェーのグルベルとウォーゲによって1867年にはじめて導かれた.

なお,和訳が「質量」作用の法則となっているのは明治・大正時代の先人誤訳であり,この「mass」は質量の意味ではなく「大量」の意味であるが,当時はまだ「マスコミ」も「マスプロ」も存在しなかったために,一語一訳方式で定められた訳語が定着してしまったのである.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しつりょうさようのほうそく【質量作用の法則 law of mass action】
化学平衡において反応に関与する物質の量の間に成り立つ一般的な関係で,化学平衡の法則とも呼ばれている。物質A(amol),B(bmol),……が反応して,M(mmol),N(nmol),……を生成する次のような反応 aA+bB+……⇄mM+nN+……が化学平衡に達したとき,各物質i(i=A,B,……)の濃度Ciの間に次の関係が成り立つ。ここでKは温度,圧力に依存するが,濃度にはよらず,平衡定数と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しつりょうさようのほうそく【質量作用の法則】
化学反応が化学平衡の状態にあるとき、反応物質の濃度と、生成物質の濃度との間には、温度・圧力が一定ならば一定の数量関係があるという法則。この法則から、ある量の原料から得られる生成物の最大量を知ることができる。化学・工業化学における最も重要な法則の一つ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

質量作用の法則
しつりょうさようのほうそく
law of mass action
化学反応に関与する物質の質量(濃度)が、その平衡にどのように作用するかを示す法則。1864年ノルウェーのC・M・グルベルとP・ボーゲが提出した、もっとも重要な化学法則の一つ。たとえば、均一系の次の可逆反応
  aA+bB+cC+……
   lL+mM+nN+……
が平衡に達したときには、それらの濃度([ ]で示す)の間には、

で、この比が一定値になるという関係が成り立つ。Kは温度が一定ならば各成分の濃度には依存しない一定値で(濃度)平衡定数という。反応系が気体の場合には、濃度のかわりに分圧を用いるとまったく同じような式で表され、そのKを(圧)平衡定数という。厳密には、各成分の活動度の比をとったときにKが一定値になる。グルベルとボーゲは、反応速度の研究からこの関係をみいだしたが、理想溶液・理想気体について、熱力学、統計力学から理論的に証明される。[戸田源治郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

質量作用の法則
シツリョウサヨウノホウソク
law of mass action

均一系における化学反応の速度は,反応物質の濃度の積に比例するという法則.C.M. Guldberg(グルベル)とP. Waage(ウォーゲ)(1867年)により見いだされた.この法則は必ずしも一般的には正しくないが,多くの化学反応で成り立つ.とくに可逆反応

の平衡状態で正反応と逆反応の反応速度を等しいとすれば,

kcAcBkcCcD

(kおよびk′は速度定数)となる.したがって,

(K平衡定数)となり,平衡定数を与える式が導かれる.この式を質量作用の法則とよぶことも多い.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

質量作用の法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

質量作用の法則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation