@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

賭弓【のりゆみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

賭弓
のりゆみ
平安時代の朝廷年中行事の一つ。賭射とも書く。射礼の翌日 (1月 18日) ,弓場殿 (ゆばどの) に出御した天皇の前で,左右近衛府兵衛府舎人 (とねり) らが射術を競い,勝ったほうは舞楽 (ぶがく) を奏して賭物 (のりもの) を受け,負けたほうは罰盃を強いられた。貞観2 (860) 年に初めて行なわれ,のち中絶した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のり‐ゆみ【賭弓/射】
賞品をかけて弓を射ること。
「―にも宮上らせ給ふ。…賭け物は中宮せさせ給ふ」〈栄花・歌合〉
平安時代の宮廷年中行事の一。射礼(じゃらい)の翌日、一般に正月18日、左右の近衛府(このえふ)兵衛府舎人(とねり)が行う射技を、天皇が弓場殿(ゆばどの)に出御して観覧する儀式勝者には賭物(のりもの)を賜い、敗者には罰杯を課した。賭弓の節(せち)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

賭弓
のりゆみ

正月18日、天皇が弓場殿に出御され、左右近衛(このえ)・兵衛(ひょうえ)の舎人(とねり)が射術を行うのをご覧になる儀式。賭(か)け物を出しての弓の競技なのでこの名がある。負方は勝方に負態(まけわざ)と称して饗(きょう)をする。勝方の大将は射手を自邸に招いて饗応(きょうおう)、これを賭方の還饗(かえりあるじ)という。また殿上の賭弓と称し、臨時に行う賭弓があり、これは殿上の侍臣のみで2月、3月に行う場合が多い。

[山中 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かけ‐ゆみ【賭弓】
〘名〙 金品を賭けて弓を射ること。のりゆみ。
※浄瑠璃・敵討御未刻太鼓(1727)馬揃へ「殿のさしづなされたかけ弓の相手組を、不足いうたが慮外になって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賭弓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賭弓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation