@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

購買管理【こうばいかんり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

購買管理
こうばいかんり
purchasing management
外部から購入する材料資材,製品などの購買活動を最適に管理する総合的活動のこと。適正品質のものを適正な納期に最も有利に最適量を購入することが必要であり,そのために業者選定,見積検討,注文,納期管理検収などの諸活動が合理的に行われなければならない。購買部門は自社の製品計画や生産計画を把握するだけでなく,購入資材の市場動向研究や,新資材の研究,価値分析,購買方法の検討,購買手続の標準化など,総合的研究とその実践化が要求されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

購買管理
こうばいかんり
企業がその生産活動に必要とする原材料、部品、工具、その他の資材を、必要な時期に必要な数量だけ、経済的かつ能率的に購買するために行う体系的施策をいう。広義には、生産活動に必要な設備・機械等の大規模・固定的生産手段の購入・調達をも含めることもあるが、一般には、上述のような流動的生産資材の購買に限定している。
 購買管理の内容は、購買計画、購買組織、購買統制の三つの領域からなっている。購買計画とは、製品の設計図、仕様書、生産計画などを素材にして必要生産資材を洗い出し、在庫計画と調整のうえ、購買の品目、時期、購入先を予定することである。これには、購買市場の実態、とくに価格の分析(原価分析)と価値分析(value analysis, VA)が不可欠である。VAは、必要な機能を最低のコストで得るため、機能とコストのつり合いを研究し、設計や仕様の変更、代替品の検討、製造方法や購入先の吟味などを組織的に行う管理手法である。
 次に購買管理では、購買組織について、集中購買組織をとるか分散購買組織をとるかが重要な課題となる。前者は、本社に購買専門の担当組織を設けて各事業所の必要生産資材をすべてここで購入するような方法であり、後者は、事業所などがそれぞれ所要生産資材を購入する方法である。購買統制は、適正在庫の維持に関する在庫管理と、購買予算の差異分析を通じて購買活動の効率を高めることを主内容とする。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

購買管理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

購買管理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation