@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

贅沢【ゼイタク】

デジタル大辞泉

ぜい‐たく【×贅沢】
[名・形動](スル)
必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。また、そのさま。「贅沢を尽くす」「贅沢な暮らし」「布地を贅沢に使った服」「たまには贅沢したい」
限度や、ふさわしい程度をこえること。また、そのさま。「贅沢を言えばきりがない」「贅沢な望み」
[派生]ぜいたくさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜい‐たく【贅沢】
〘名〙 (形動)
① 普通以上に金銭などを費して物ごとを行なうこと。また、必要以上のことをあれこれと望むこと。また、そのさま。
※洒落本・一騎夜行(1780)二「末は女房よ我妻よと唄はせ七尋程有文は皆うそのぜいたく」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「贅沢(ゼイタク)なる奴との御叱責を蒙候哉も図難(はかりがたく)候へども」
② (金銭以外のことについて) 普通以上であること。また、そうなろうとすること。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「此男が大の贅沢屋で〈略〉小説家丈に文章の贅沢を尽した」
③ 豪華であること。高級なさま。
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「朱塗の裁縫箱がまた贅沢なつやを見せてゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

贅沢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

贅沢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation