@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

贖宥【しょくゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

贖宥
しょくゆう
indulgentia; indulgence
カトリック教会用語。今日では免償の語が一般に用いられる。告解の秘跡を受けてすでにゆるされた罪に伴う,有限の罰のゆるしや償却をいう。各人がみずからの罪の償いをことごとく果たす代わりにキリスト,聖母をはじめとする諸聖人の功徳が神に捧げられることで,教会がその権威によってこの代替を認める。全贖宥と分贖宥があり,全贖宥は有限の罰のすべてをゆるし,聖年大赦や臨終の際与えられ,分贖宥は有限の罰の一部をゆるし,普通,40日,70日,100日,1年,7年など,期限付きである。贖宥を受けるには,成聖の恩恵の所持,受ける意志とその有効性への信頼,罪の悔い改めとその償いとしての善業の実践などが必要とされる。善業が,祈り,秘跡受領,聖堂訪問から献金へと拡大され,聖堂建設,十字軍遠征の費用などの財源にあてられるまでになり,1517年聖ペテロ大聖堂建立の献金のための贖宥に対するマルチンルターの抗議が宗教改革の口火となった。トリエント公会議(1545~63)以来,濫用の規制がなされた。(→免罪符

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょく‐ゆう〔‐イウ〕【××宥】
カトリック教会で、信徒が果たすべき罪の償いを、キリストと諸聖人の功徳によって教会が免除すること。免償。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょくゆう【贖宥 indulgentia[ラテン]】
カトリック教会用語。免償とも言う。教会がイエス・キリスト,聖母マリア,諸聖人の功徳によって,告解の秘跡後に残った有限の罰の償いに対して与えるゆるしのこと。全贖宥(すべての罰のゆるし)と部分贖宥(一部の罰のゆるし)に大別される。これにあずかるには,神からの恩恵を受ける状態にあり,贖宥を受けたいとの意向があり,また善行,祈りなど定められた条件を果たさなければならないとされる。免罪符【高柳 俊一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

贖宥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

贖宥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation