@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

贖銅【ショクドウ】

デジタル大辞泉

しょく‐どう【×贖銅】
古代のにおける罪制度の一。実刑の代わりにを納めさせること。また、その銅。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞく‐どう【×贖銅】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょくどう【贖銅】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

贖銅
しょくどう

銅をもって刑にかえることで、律令(りつりょう)制における閏刑(じゅんけい)の一種。贖銅を認められたのは、議請減(ぎしょうげん)の特典のある者、八位あるいは勲十二等以上の有位者かその近親で、流罪以下を犯すときである。有位者に対する特典であるが、贖銅の額は罪の軽重によって定まった。

[石井良助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょく‐どう【贖銅】
〘名〙
① 律での贖罪の一つ。罪を犯した官人たちに実刑の代償として、相当額の銅を納めさせたこと。また、その納める銅。つぐないとして出す銅。
※律(718)五罪「笞十贖銅一斤」
② 平安から室町時代にかけての刑罰の一種。銅・銭貨・財物(兵器・布・稲・馬など)を納めて罪を償わせること。また、その納める銅など。
※中右記‐永久二年(1114)六月三〇日「内舎人重貞罪令明兼勘申之処、解官外贖銅十斤者、信貞勘文も大略同此也、但於贖銅刑部省法也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞく‐どう【贖銅】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

贖銅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

贖銅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation