@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤い部屋【あかいへや】

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤い部屋
あかいへや
Rda rummet
スウェーデンの作家J・A・ストリンドベリの長編小説。1879年刊。ストリンドベリの出世作であるばかりでなく、スウェーデン自然主義文学の最初の作品。作家志望の主人公アルビード・ファルクの理想主義的な姿勢は挫折(ざせつ)に終わるが、そこに盛られた憤懣(ふんまん)は作者自身はけ口を求めていた周囲への憤懣にほかならない。副題に「芸術家、作家たちの生活の描写」とあるように、1870年代のストックホルムの風物を背景に、レストラン「赤い部屋」を中心に登場する人物を鋭く風刺的に描き多くの読者を得た。全体に小説としての構成は緊密を欠き、主人公ファルクを別とすると登場人物の描写もスケッチ風ではあるが、それに対しては、副題がこの作品の性格を示している、という解釈が成り立つであろう。[田中三千夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤い部屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤い部屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation