@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤かび病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑

赤かび病(トウモロコシ)
暖地での発生が多いをかびさせる糸状菌病。夏の終わりから秋にかけて発生し、主に雌穂に淡紅色または鮭肉色のかびを生じる。病勢が進むと紫黒色となり、穂軸まで侵されることもある。病原菌は日本では多くの穀類で報告されているG.zeaeとF. verticillioides(G. fujikuroi-complexの一種)の2種がある。後者ウマの白質脳症、ブタの肺浮腫等の原因と目され、ヒト食道がんとの関係も取りざたされるフモニシンを産生するため、注意が必要である。

出典:畜産草地研究所

赤かび病(トウモロコシ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤かび病(トウモロコシ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation