@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤土【アカツチ】

デジタル大辞泉

あか‐つち【赤土/×赭土】
鉄分を多く含んだ赤色の粘土。
関東ローム層のような風化して褐色となった火山灰層の
赤黒色絵の具

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき‐ど【赤土】
赤地(せきち)」に同じ。
あかつち」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あかつち【赤土】
ふつう火山灰土壌の表層黒土(くろつち)と対応させて,有機物の少ない明るい褐色の心土を指していう。地方によりアカノッポアカオンジアカホヤなどさまざまに呼ばれ,また表層地質学の分野ではローム(層)と呼ばれることも多い。一般に鉄分に富む塩基性の火山灰ほど赤みがつよい。同じ火山灰から表層の黒土,下層の赤土と分化することもあるが,現世に発達した黒土層に埋もれた更新世の火山灰風化物である場合も多く,旧石器時代の遺物はそうした赤土層から出土する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せきど【赤土】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せきど【赤土】
赤地せきちに同じ。
あかつち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤土
あかつち
関東ローム層で代表される日本の火山灰の分布地帯で、地表の黒土(くろつち)の下にある褐色の土層。表土の黒さと比べて、明るい赤みを感じさせるために、古くからこの土層は赤土とよばれてきた。火山灰の分布する関東、東北、中部、九州、北海道の各地方で赤土といえば、耕地の下層土や道路わきの切り通しにみられる褐色の緻密(ちみつ)な土壌をさす。粘土粒子が多くかつ含水比が高いので、直接地表に露出している場合は、雨後のぬかるみや強風時の塵害(じんがい)の原因となる。赤み(実は褐色)の根源は火山灰の風化生成物としての酸化鉄にあり、粘土質の由来は火山ガラスや火山岩片の変質した二次鉱物(主としてアロフェン)の微粒子による。
 火山灰起源の土壌でなくても、その上下の層や隣接地にある灰色や淡黄色の土層に比べて褐色または赤色を帯びる場合は、やはり赤土とよばれることもあるが、いずれにせよ赤土の呼称は学問的に定義づけられたものではない。一方、西南日本とくに東海、中国、北九州、沖縄などに分布する「赤色土」や「黄色土」は、火山灰地帯のいわゆる赤土よりも赤みが強く、亜熱帯気候下で長期間を経て生成した土壌であり、火山灰起源ではない。熱帯地方のラテライト性土壌に近い成因をもち、土壌学的に定義された類型に属している。
 砂質地における客土材料や、盆栽などで使われる赤土には、粘土質に富む火山灰起源の土壌が供与される。[浅海重夫・渡邊眞紀子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あか‐つち【赤土】
〘名〙
① 火山灰が分解してできた赤褐色、または赤黄色の土で、関東ローム層の赤土が有名。鉄分を含み、粘りけがある。壁土または、れんがの材料とする。はに。あかはに。あかばね。黄色土。赭(しゃ)土。
※正倉院文書‐天平一〇年(738)周防国正税帳「赤土弐升価稲参束」
② 代赭(たいしゃ)石の別名。赤鉄鉱の赤色土状を呈したもの。〔本草和名(918頃)〕
※浮世草子・好色盛衰記(1688)四「やうやう名所莨菪(たばこ)のきざみ売。あかつちは水戸の名物」
④ 赤黒色の絵の具。
⑤ 土でできた安物の碁石で、白または黒の塗りがはげて、赤い地膚が露出したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき‐ど【赤土】
〘名〙
① 地味の乏しい土。やせた土地。不毛の地。赤地。
※太平記(14C後)一「百里の間、空しく赤(セキ)土のみ有て、青苗無し」 〔白居易‐捕蝗詩〕
② 酸化鉄を多量に含む赤色の土。あかつち。
※正倉院文書‐天平宝字六年(762)五月一日・造東大寺司告朔解「春篩白土并赤土」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤土の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation