@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤松教康【あかまつ のりやす】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

赤松教康 あかまつ-のりやす
1423-1441 室町時代の武将。
応永30年生まれ。赤松満祐(みつすけ)の長男。父や叔父の則繁(のりしげ)と将軍足利義教(よしのり)を暗殺し(嘉吉(かきつ)の乱),父とともに播磨(はりま)(兵庫県)城山(きのやま)城にたてこもる。のち幕府の追討軍に敗れ,伊勢(いせ)(三重県)の北畠教具(のりとも)をたよったが,その地で嘉吉元年9月28/29日自害した。19歳。通称は彦次郎。別名に教祐(のりすけ)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤松教康」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤松教康の関連情報

関連キーワード

嘉吉足利義教足利義教赤松満祐大内持世正親町三条実雅嘉吉の土一揆佐々木持清赤松満祐

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation