@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤松氏【あかまつうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤松氏
あかまつうじ
村上源氏の一流で播磨豪族。九条家領播磨国佐用郡佐用荘赤松村を本拠として赤松氏を称し,則村のとき,後醍醐天皇の命に応じて討幕の兵をあげ,のち足利尊氏に属して播磨守護。その子範資は摂津守護,則祐は播磨,美作備前の守護となり,四職家 (→三管四職 ) の一つとして幕閣に重きをなした。しかし,則祐の孫満祐が,嘉吉1 (1441) 年将軍義教を暗殺したため,幕府軍に攻められて自殺,一族没落。その後政則のとき,将軍義政の許しを得て家を再興応仁の乱には東軍の将として活躍,播磨,備前,美作を回復した。しかし,その死後は,家臣浦上,宇喜多両氏に勢力を奪われ,則房死後は後嗣なく,断絶。庶流赤松広通も関ヶ原の戦いで西軍に属し,戦死して断絶。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あかまつうじ【赤松氏】
鎌倉・室町時代の武家。鎌倉初期,則景が九条家領播磨国佐用荘に地頭職を得て以来西播磨一帯を中心に族的結合を拡大した。同末期には,範資・貞範兄弟が長洲御厨の執行,惣追捕使,また範資は九条家領輪田荘地頭職を得て,海陸交通の要衝である摂津国沿岸部にも基盤を確保した。南北朝期には足利尊氏によって則村が播磨,範資が摂津の守護職に任ぜられ,さらに則祐(そくゆう)の代に備前,明徳の乱後義則が美作の守護職を得た。義則,満祐は侍所所司として幕府の中枢に参加,強力な守護大名となったが,満祐は1441年(嘉吉1)の嘉吉の乱で播磨城山城に自害し,播磨,備前,美作の守護は山名氏に代わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤松氏
あかまつうじ
播磨国(はりまのくに)(兵庫県)佐用(さよう)郡佐用庄(さようのしょう)を本貫とする在地領主。室町時代播磨国守護。鎌倉初期則景が九条家領佐用庄地頭職を得て以来、西播磨を中心に族的結合を拡大し、同末期には摂津国(大阪府・兵庫県の各一部)沿岸部にも荘園(しょうえん)諸職を得て基盤を確保した。元弘(げんこう)の乱のとき、則村(のりむら)が後醍醐天皇(ごだいごてんのう)に味方し一躍名声をあげる。1336年(延元1・建武3)足利尊氏(あしかがたかうじ)が建武(けんむ)政権に背くと、則村は嫡子範資(のりすけ)らとともにその与党になり、播磨、摂津の守護職に任ぜられる。そして則祐(そくゆう)が備前(びぜん)、明徳(めいとく)の乱後義則(よしのり)が美作国(みまさかのくに)守護職を獲得し、また義則、満祐(みつすけ)は侍所(さむらいどころ)所司になり、有力な守護大名に成長する。しかし、満祐は1441年(嘉吉1)将軍義教(よしのり)を弑(しい)し(嘉吉(かきつ)の乱)、追討されて播磨国城山城(木山城)(きのやまじょう)に自害する。その領国は山名氏の領するところとなった。1456年(康正2)赤松氏一族および譜代(ふだい)の家臣らが後南朝から神璽(しんじ)を奪還した功によって、幕府は政則(まさのり)(満祐の弟義雅の孫)の出仕を許した。政則は応仁(おうにん)の乱中に旧領国の支配権を回復したが、その実権はしだいに浦上(うらがみ)氏の手に移った。1520年(永正17)守護赤松義村(よしむら)は浦上村宗(むらむね)に追われ、その領国は浦上氏の支配下に置かれた。赤松氏は代々雪村友梅(せっそんゆうばい)とその系統の禅僧に深く帰依し、播磨に法雲寺、宝林寺など禅寺を創建して外護した。[岸田裕之]
『高坂好著『赤松円心・満祐』(1970・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

赤松氏
あかまつし
中世,播磨 (はりま) の豪族。南北朝・室町時代の有力な守護大名
村上源氏。則村 (のりむら) は元弘の変で後醍醐 (ごだいご) 天皇に味方し,建武新政府に参加したが,恩賞に不満をもち足利尊氏に属した。初め播磨守護に任じられ,のち備前・美作 (みまさか) (岡山県)の守護を兼ね,足利方の有力な守護大名となり,四職家の一つに数えられた。1441年満祐 (みつすけ) が将軍足利義教 (よしのり) を殺した嘉吉の乱で幕府軍と戦って敗死し,没落。その後一族の政則が再興したが,義祐のとき家臣浦上氏に領国を追われ,1600年関ケ原の戦いで則房が戦死して一族は離散した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤松氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation