@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤松貞村【あかまつさだむら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤松貞村
あかまつさだむら
[生]明徳4(1393)
[没]文安4(1447)
室町時代の武将。満貞の子。容色美しく将軍足利義教に寵愛され,嘉吉の乱の直接のとなったといわれる人物。義教は赤松嫡流の所領を庶流である貞村に与え,かつ播磨守護職を脅かしたため赤松満祐に殺された。貞村は幕府軍として満祐討伐に加わり,播磨で死んだともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

赤松貞村 あかまつ-さだむら
1393-1447 室町時代の武将。
明徳4年生まれ。赤松貞範(さだのり)の曾孫。6代将軍足利義教(よしのり)に近習としてつかえ,(ちょう)をうける。嘉吉(かきつ)の乱で義教が赤松満祐(みつすけ)に殺されたとき,のがれて殉死せず嘲笑(ちょうしょう)され,満祐追討の戦いでも山名持豊(もちとよ)におくれをとった。茶人としてすぐれた。文安4年死去。55歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤松貞村」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤松貞村の関連情報

関連キーワード

高知県の建設業後円融天皇李成桂恋する男の告解カンタベリー物語清水寺倉役酒屋役斯波義将臭化カリウム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation