@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤湯【あかゆ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤湯
あかゆ
山形県南部、南陽市(なんようし)の一地区。旧赤湯町。古くからの温泉町であるとともに米沢(よねざわ)街道の宿駅として栄えた。「日本さくらの名所100選」に選ばれた烏帽子山(えぼしやま)公園やフナ釣りの白竜湖、日本銀行総裁などを務めた結城豊太郎の記念館があり、付近一帯はブドウの産地として知られる。[中川 重]
『『赤湯町史』(1968・赤湯町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

赤湯
(山形県南陽市)
美しい日本のむら景観100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤湯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤湯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation