@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤経【せきけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤経
せきけい
right ascension
天文学の赤道座標系で用いられる経度春分点を通り天の北極および南極を結ぶ大円と,ある星を通り天の北極および南極を結ぶ大円とがなす角をその星の赤経という。赤経は春分点から東向きに 15°を1時とする角度単位で,24時まではかる。 (→赤緯 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっ‐けい〔セキ‐〕【赤経】
赤道座標における経度天体と天の南北両極を通る大円が、春分点と天の両極を通る大円となす角度。春分点から東回りに測り、ふつう360度を24時(15度を1時間)の割合で換算して時・分・秒で表す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せっけい【赤経】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せっ‐けい セキ‥【赤経】
〘名〙 赤緯とともに天球上の天体の位置を示す座標の一つ。天体を通る経線(時圏)と春分点を通る経線とがつくる角。春分点から東まわりに零度から三六〇度まで、または三六〇度を二四時とする特別な角度の単位ではかる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation