@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤色顔料【せきしょくがんりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤色顔料
せきしょくがんりょう
red pigment
塗料,絵具,染料に使われる赤色顔料。昔はあかねの根などからとったが,現在ではほとんどが合成されている。無機物では,純赤色のカドミウムレッドが絵具,釉 (うわぐすり) に使われるが高価である。橙色褐色が混じるが,鉛丹べんがら (酸化第二鉄) が安価であるので広く塗料として用いられる。このほか,コバルトピンク,クロムスズ赤などが用いられるが,近年はむしろ鮮かな有機顔料がビニル用品などに使われる。キナクリドンレッドなどは堅牢度はきわめてよい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきしょくがんりょう【赤色顔料】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

赤色顔料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤色顔料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation