@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

赤間関【あかまがせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤間関
あかまがせき
山口県下関市の旧名。「赤馬関」「馬関」ともいう。下関海峡の北岸に位置し,九州および大陸との交通の要地。平安時代,外国船接待のため臨海館がおかれ,鎌倉時代は元寇に備え長門探題がおかれた。江戸時代,西廻り廻船 (→北前船 ) が寄し,上方北国との中継商業地として繁栄した。 1889年制施行。 1902年下関市と改称。赤間関は現在の下関市の中心部。安徳天皇を祀る赤間宮の先帝祭は古来有名。古戦場,豊浦宮跡の忌宮神社,安徳天皇阿弥陀寺御陵,平家一門の,壇ノ浦砲台跡,長門鋳銭司跡,住吉神社,高杉晋作の墓など史跡も多い。 (→四国艦隊下関砲撃事件 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あかまがせき【赤間関】
下関の古名で,瀬戸内海の西端に位置する海関,海港。本州と九州を結ぶ関門海峡に面し,今川了俊が〈宇治早瀬よりも猶おちたき〉ると評した,潮流の静まるのを待たねば渡れないという地理的条件によって,関が置かれ,港として発展した。古代長門関,下関はここを指すと思われる。鎌倉中期に長門国司が長門阿弥陀寺へ,船12艘分の関役を灯油料として寄進しており,律令時代から引き続いて長門国庁の支配下にあったことが知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

赤間関
あかまがせき
長門(山口県)豊浦郡にあり,現在の下関市赤間町付近。関門海峡を隔てて門司に相対する
馬関・下関ともいう。阿弥陀寺(赤間神宮境内には源平合戦に壇の浦で滅亡した平家一族の墓がある。江戸時代には上方と北国とを結ぶ航路(西廻り航路)の中継地として,また幕末には下関砲撃事件の地として有名。日清戦争の講和条約もこの地で結ばれた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あかま‐が‐せき【赤間関】
山口県下関古称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤間関
あかまがせき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤間関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤間関の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation