@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

超アクチノイド元素【チョウアクチノイドゲンソ】

デジタル大辞泉

ちょうアクチノイド‐げんそ〔テウ‐〕【超アクチノイド元素】
原子番号が104以上の元素。すべて半減期が短い人工放射性元素であり、自然界には存在しない。104番ラザホージウム、105番ドブニウム、106番シーボーギウムなどが見つかっており、より大きな原子番号の元素を合成する研究が進められている。→アクチノイド

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

超アクチノイド元素
チョウアクチノイドゲンソ
superactinoid elements, superactinoids

以前,アクチノイド元素をアクチニドとよんでいたので超アクチニド元素ということもある.原子番号103番元素ローレンシウムで5f副殻の電子配置が完成,アクチノイド系列が終了するので,104番元素以下を,アクチノイドを超えた原子番号の元素という意味で超アクチノイド元素とよぶ.2012年6月のIUPACの公式周期表には104番元素ラザホージウムRf以下,112番元素コペルニシウムCnまでの9元素に加えて114番元素フレロビウム,116番元素リバモリウムが載っている.すべて非常に短寿命の人工放射性元素.2012年版日本化学会周期表には,コペルニシウム以下113~116番元素と118番元素が記載されている.1999年に報じられた118番の合成はデータねつ造の疑いが濃厚であるとして取り下げられたが,その後2006年にロシアとアメリカのグループにより再度合成が発表された.アクチノイド元素より重い元素という意味では,これらを含め今後発見される超重元素もこのグループに入る.[別用語参照]ラザホージウムドブニウムシーボーギウムボーリウムハッシウムマイトネリウムダームスタチウムレントゲニウムコペルニシウムウンウントリウムフレロビウムウンウンペンチウムリバモリウムウンウンオクチウム

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超アクチノイド元素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

超アクチノイド元素の関連情報

関連キーワード

ラザホージウムラザホージウム期待値労働基準監督署α-グロブリン104キーボードWindowsキークルチャトビウム家庭用品品質表示法マリウス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation