@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

超低周波音【ちょうていしゅうはおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

超低周波音
ちょうていしゅうはおん
infrasound
一般には 1973年にパリで行なわれた国際会議の取り決めで 0.1~20Hzの周波数(→ヘルツ)の音波とされる。1974年頃から,山梨県にある中央自動車道橋桁付近で戸障子が理由もなく振動したり,奇妙な圧迫感を覚えて不快感がつのるなどの現象が起こり,この原因が自動車の通過ごとに発生する 16Hzで 89~102dBの橋桁の空気振動であるとされ,新しい公害として注目されるようになった。ほかに工場の大型ファン,クーリングタワー,自動車,コンプレッサボイラなどから発生するとされ,80dB以上になると家屋が振動し,船酔いのような感覚や圧迫感を覚える。1980年に初めて超低周波騒音の公害として,奈良県香芝町(→香芝市)の町民日本道路公団を相手取って訴訟を起こした。これは,高架橋が自動車走行の振動により 90~95dBの超低周波騒音を発して,船酔い,圧迫感,精神的不安定を生じさせているとして,交通の規制措置と損害賠償を求めたものである(1988和解成立)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうていしゅうは‐おん〔テウテイシウハ‐〕【超低周波音】
周波数がおよそ20ヘルツ以下の音。低周波音のうち、人間の可聴域以下の周波数の音を指す。超低音。→インフラサウンド

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうていしゅうはおん【超低周波音】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

超低周波音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

超低周波音の関連情報

関連キーワード

秋山清神代辰巳沢渡朔ベトナム戦争史(年表)ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation