@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

超微粒子【ちょうびりゅうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

超微粒子
ちょうびりゅうし
ultrafine particles
直径が 0.1μm (マイクロメートル) 以下の金属セラミックス粒子。1個の粒子は,数百個ないし,それより少し多い程度の原子の集合体で,この程度の数の原子の集合を原子クラスターという。超微粒子は表面を占める原子の割合が非常に大きいため,表面原子の独特の性質が強く反映して,融点が低い,光をよく吸収するなど,通常の材料と異なる物性を示す。また磁性体の場合,保磁力が大きいなどの性質がある。銀の超微粒子は,超低温用希釈冷凍機の熱交換器に,ニッケル超微粒子は,微小孔フィルタにそれぞれ利用されている。ほかにも磁気テープ,超微粒子膜センサに利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐びりゅうし〔テウビリフシ〕【超微粒子】
大きさがおおむね1~100ナノメートルの微小な粒子。1粒に含まれる原子数は103から1010個程度。金属、セラミックスなどの機能材料分野での応用が進められている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超微粒子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

超微粒子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation