@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

超然内閣【ちょうぜんないかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

超然内閣
ちょうぜんないかく
議会の支持なしに組閣される内閣政府政党意向にとらわれずに,「超然」として公正な政治を行うべきであると黒田清隆首相が 1889年明治憲法発布直後に演説したことから,こう呼ぶようになった。政党内閣に対するものであり,藩閥内閣として政党側から攻撃された。超然主義ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうぜん‐ないかく〔テウゼン‐〕【超然内閣】
明治・大正期、議会・政党の意思に制約されることなく政治を行った藩閥・官僚内閣。明治憲法発布の際、首相黒田清隆が、政府の独自性を強調して唱えたことから始まる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうぜんないかく【超然内閣】
明治から大正初期にかけ、政党の存在に左右されない政治を行なった藩閥・官僚内閣。 ⇔ 責任内閣

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

超然内閣
ちょうぜんないかく
大日本帝国憲法下で政党に基礎を置かず超然主義にたった内閣に対して使われた呼称。政党内閣の反対概念。超然主義は初期の藩閥内閣に共通する政治方針であった。1889年(明治22)憲法発布直後の地方官会議で黒田清隆(きよたか)首相が、立憲制下では政党の存在は不可避だが、「政府ハ常ニ一定ノ方向ヲ取リ超然トシテ政党ノ外ニ立チ」政局にあたるべしと訓示したことから、一般に超然主義の呼称が使われるようになった。日清(にっしん)戦争前後から伊藤博文(ひろぶみ)派官僚は政党との妥協・提携による憲政の運営を図り、政党内閣にも道を開いたが、山県有朋(やまがたありとも)派官僚はこれに反対し、以後も同派の内閣は超然主義的立場をとるものが少なくなかった。[阿部恒久]
『指原安三著『明治政史』(1892・冨山房/明治文化研究会編『明治文化全集 2、三』所収・1928、29・日本評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうぜん‐ないかく テウゼン‥【超然内閣】
〘名〙 政党とは無関係に、官僚が中心となって組織する内閣。明治二二年(一八八九)帝国憲法発布の際、時の首相黒田清隆が内閣は議会・政党に超然として、その意向にかかわりなく政治を行なうべきことを主張したところからいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

超然内閣
ちょうぜんないかく
政党の外に超然として立つ内閣の形態
藩閥官僚の政党軽視の態度の現れで,大日本帝国憲法発布の際,黒田清隆首相・伊藤博文枢密院議長が超然主義を主張。しかし,政党勢力が増大すると議会運営の立場から政党と提携せざるを得ず,1900年伊藤はみずから立憲政友会を組織した。大正時代清浦奎吾の超然内閣が世論非難を浴び,政党内閣が誕生した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超然内閣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

超然内閣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation