@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【チョウ】

デジタル大辞泉

ちょう〔テウ〕【超】
[接頭]名詞に付いて、程度が特に普通以上であること、また、普通をはるかにこえたものであることを表す。「満員」「音速」
[補説]俗に「超きれい」「超むかつく」などと副詞的にも用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう【超】[漢字項目]
常用漢字] [音]チョウ(テウ)(呉)(漢) [訓]こえる こす
ある範囲を抜け出る。「超越超過超克超然超脱
並みとはかけ離れている。「超人
「超過」の略。「出超入超
[名のり]おき・き・こゆる・たつ・とおる・ゆき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう テウ【超】
[1] 〘接頭〙 名詞に付いて、程度がそれ以上であること、また、それをさらに逸脱するものであることを表わす。「超満員」「超高速」など。
※善の研究(1911)〈西田幾多郎〉一「抽象的概念といっても、決して超経験的の者ではなく」
[2] 〘副〙 俗に、程度が普通以上であるさまを強調していう。「超うれしい」「超こわい」など。
※超人探偵(1981)〈小林信彦〉悪魔が来りて法螺を吹く「超忙しい私は、それっきり、事件の話を忘れた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・する テウ‥【超】
〘他サ変〙 てう・す 〘他サ変〙 のりこえる。超越する。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「道徳の無用となる時、即ち差別を超(テウ)し、矛盾を絶した時が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・す テウ‥【超】
〘他サ変〙 ⇒ちょうする(超)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

超の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation