@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

越中国【えっちゅうのくに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

越中国
えっちゅうのくに
現在の富山県北陸道の一国。上国。もと伊弥頭国造が支配。初め国 (こしのくに) であったが天武天皇のときに越中国として独立。大宝2 (702) 年,東部2郡を越後国に移し,天平 13 (741) 年,能登4郡を越前国から当国に合併し,さらに天平宝字1 (757) 年,能登4郡を分国。天平 18 (746) 年,万葉の歌人大伴家持は当国の守 (かみ) となり,天平勝宝3 (751) 年,少納言となり帰京するまで5年間在国。国府国分寺ともに高岡市伏木。『延喜式』には新川 (にひかは) ,婦負 (ねひ) ,礪波 (となみ) ,射水 (いみつ) の4郡がみえ,『和名抄』は郷 42,田1万 7909町余をあげている。しかし『色葉字類抄』『拾芥抄』は2万 1359町余。鎌倉時代には比企氏,北条氏の一族名越氏が守護。室町時代には畠山氏が支配した。戦国時代には一時,越後の上杉謙信の支配下におかれたが,やがて佐々氏の領有となり,豊臣秀吉は前田利家を越中国に封じた。江戸時代には加賀国の前田氏の一族である富山藩が幕末まで支配。明治4 (1871) 年7月の廃藩置県では富山県となり,11月に新川県,1883年に再び富山県となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

えっちゅうのくに【越中国】
現在の富山県域を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で北陸に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からの距離では中国(ちゅうごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の高岡市におかれていた。746年(天平(てんぴょう)18)に大伴家持(おおとものやかもち)国司として赴任し多くの歌を『万葉集』に残した。鎌倉時代守護は比企(ひき)氏、名越(なごえ)氏、南北朝時代から室町時代には吉見(よしみ)氏、桃井氏、井上氏、畠山(はたけやま)氏など。戦国時代佐々成政(さっさなりまさ)が、その後は前田利家(まえだとしいえ)が領有、江戸時代には富山藩金沢藩の支藩)領となった。富山2代藩主前田正甫(まさとし)のとき売薬が始まり、元禄時代以後全国を行商する「越中富山の薬売り」として有名になった。1871年(明治4)の廃藩置県により富山県となる。翌年新川(にいかわ)県と改称、1876年(明治9)に石川県に編入されたが、1883年(明治16)に富山県として再設置された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えっちゅうのくに【越中国】
旧国名。現在の富山県全域にあたる。
古代
 北陸道に属する上国(《延喜式》)。北陸の地一帯は古くは(こし)と総称されたが,律令国家の形成過程で越前,越中,越後の3国に分割された。その時期は明確ではないが,《日本書紀》持統6年(692)9月癸丑条に〈越前国司白蛾を献ず〉と見えるのが分割された国名の初見である。20年前の672年7月の記事には〈越〉とあり,おそらくこの間に3国の分立をみたものであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

越中国
えっちゅうのくに
現在の富山県全域にあたる旧国名。北陸道に属する。律令(りつりょう)体制によって設けられた。東は越後(えちご)、信濃(しなの)、南は飛騨(ひだ)、西は加賀、能登(のと)、北は日本海に面す。古くは北陸道一帯を高志(越)(こし)国と称したが、律令体制形成過程で越前、越中、越後に分割された。702年(大宝2)に越中国の東4郡が越後国に含められて両国の国境が確定し、また能登国が越中国に合併されたこともあったが、757年(天平宝字1)能登国が分立して、以後は射水(いみず)、礪波(となみ)、婦負(ねい)、新川(にいかわ)の4郡の構成で国の境域が定まった。国府は現在の高岡市伏木(ふしき)の地にあり、奈良時代中期に万葉の歌人大伴家持(おおとものやかもち)が越中守(えっちゅうのかみ)として在任し、越中の風土を詠んだ多くの名歌を残した。奈良時代後半には東大寺などの墾田(こんでん)が開発され、その地図の一部がいまも正倉院に残っている。平安時代以後は、中央の社寺権門によって多くの荘園(しょうえん)が設定された。そのころから在地の武士団が勢力をもつが、新川郡東部の佐味(さみ)荘を本拠とする宮崎氏および入善(にゅうぜん)氏、南保(なんぼ)氏などの宮崎党、また礪波郡南部の石黒(いしぐろ)荘を本拠とする石黒氏および福光(ふくみつ)氏などの石黒党が有力であった。守護は承久(じょうきゅう)(1219~22)ごろは北条義時(よしとき)の子朝時(ともとき)であり、その子孫名越(なごや)氏が世襲し、射水郡放生津(ほうじょうづ)を守護所とした。
 南北朝以後、室町幕府の管領(かんれい)畠山(はたけやま)氏が他国と兼ねて越中守護を管したが、現地支配は遊佐(ゆさ)、椎名(しいな)、神保(じんぼ)氏らの守護代に任せた。室町中期以降、加賀尾山御坊(おやまごぼう)を中核とする一向一揆(いっこういっき)が越中にも波及し、井波(いなみ)瑞泉寺(ずいせんじ)、城端(じょうはな)善徳寺、八尾(やつお)聞名寺(もんみょうじ)などが一揆の拠点となったが、神保、椎名氏らの守護代に押されて、一揆の一国支配はならなかった。1581年(天正9)織田信長の北国平定の先兵として、佐々成政(さっさなりまさ)、前田利家(としいえ)、柴田勝家(しばたかついえ)らが入国すると、一向一揆をはじめ越中の在地土豪はこれに屈した。信長の死後豊臣(とよとみ)秀吉は佐々成政に越中一国を与えた。成政は富山城を修築し、ここを軍事、政治上の拠点としたので、以後富山は城下町として発展した。成政は秀吉に背こうとしたが、1585年秀吉軍に降伏し、87年肥後へ移された。かくて越中一国は前田氏の支配下に入り、加賀藩100万石領地の一部となった。1639年(寛永16)前田利常は、富山城を中心に婦負郡および新川郡の一部を次男利次に分与、富山藩10万石が成立し、加賀藩の分藩となった。富山2代藩主前田正甫(まさとし)は反魂丹(はんごんたん)を中心とする富山売薬を始めたと伝えられ、元禄(げんろく)(1688~1704)以後富山売薬は「越中富山の薬売り」として全国を行商し、富山売薬の名を高めた。1871年(明治4)7月富山県となり、11月新川県と改称、76年石川県に併合されたが、83年富山県として再置された。[坂井誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えっちゅう‐の‐くに〔ヱツチユウ‐〕【越中国】
越中

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越中国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

越中国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation