@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

越前竹人形

デジタル大辞泉プラス

越前竹人形
1963年公開の日本映画。監督:吉村公三郎原作水上勉脚色:笠原良三、美術:西岡善信出演若尾文子、山下洵一郎、中村玉緒中村鴈治郎殿山泰司伊達三郎、浜村純ほか。第18回毎日映画コンクール美術賞、女優助演賞(中村玉緒)受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越前竹人形
TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1973年1~2月放映(全37回)。原作は水上勉の同名小説。出演:司葉子、池田秀一ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越前竹人形
水上勉の小説。越前細工師のとなった温泉街の娼妓・玉枝の辿る悲劇的運命を描く。1963年刊行。ベストセラーとなり、若尾文子主演で映画化されたほか、テレビドラマや舞台作品にもなった。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越前竹人形
福井県坂井市を中心に生産される民芸玩具。1950年代、師田保隆・三四郎の兄弟が、竹工芸品製作の際に出る廃材の竹を利用した人形試作を開始。永平寺雲水歌舞伎などの登場人物を題材とする繊細な民芸品に発展した。福井県指定郷土工芸品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

越前竹人形[竹工]
えちぜんたけにんぎょう
北陸甲信越地方、福井県の地域ブランド。
福井県坂井市及びその周辺地域で生産される竹製人形。厳しい寒さに耐えた良質の真竹や孟宗竹は、雪国・福井県越前の特産品である。この良質の竹を利用して古くから花器などがつくられていた。越前竹人形は1952(昭和27)年頃、師田保隆・三四郎の兄弟が、竹の切端を利用して色々な人形を試作したことから始まった。福井県郷土工芸品。2007(平成19)年3月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5029305号。地域団体商標の権利者は、越前竹人形協同組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越前竹人形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

越前竹人形の関連情報

関連キーワード

コーマン新藤兼人北九州(市)中平康森一生ロメール飯島耕一川島雄三シモンドン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation