@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

越前紙【えちぜんがみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

越前紙
えちぜんがみ
福井県 (越前国) 今立郡地方で産するで,奉書鳥の子紙として古くから知られる。特に江戸時代は御用品として専売されていたが,明治・大正期は光沢紙,印刷紙も製造。現在は美術紙,書画紙,奉書のほか,局紙 (証券用紙) ,襖紙壁紙などにも使われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えちぜん‐がみ〔ヱチゼン‐〕【越前紙】
福井県越前市今立地区から産出される和紙総称。特に奉書紙の子紙は良質で有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えちぜんがみ【越前紙】
代表的な和紙産地である福井県今立郡今立町で産する手すき和紙の総称。奈良時代の正倉院文書や平安時代の延喜式によれば,古代越前国は有力な産紙国の一つであった。しかし,代表的な産地にまで発展するのは,中世に優れた奉書紙をすくようになってからと思われる。越前奉書がはじめて文献にあらわれるのは,興福寺の大乗院尋憲の《尋憲記》の元亀4年(1573)のくだりで,越前にて奉書かみを購入したとある。奉書紙は武家社会を代表する紙ともいえ,各地ですかれたが,江戸時代の《紙譜》(1777)など諸書が物語るように,越前の岩本大滝,新在家,定友,不老(おいず)の5ヵ村ですき出す越前奉書は日本一と評価された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

越前紙
えちぜんがみ

福井県越前市(越前国、旧岡本村)付近で産出される和紙。この紙の起源には古い伝説が残っており、岡本村の大滝神社の一祭神が美しい乙女となって現れ、村民に紙漉(かみす)きを教えたという。774年(宝亀5)の『正倉院文書』に、すでに越前産紙の名がみられる。室町時代に、岡本村のなかの大滝、岩本、定友、不老(おいず)、新在家の5地区で奉書紙が漉かれ、著名となった。また鳥の子紙や各種工芸紙の生産は、質量ともに現代に至るまで名声を博し、伝統を誇っている。

[町田誠之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えちぜん‐がみ ヱチゼン‥【越前紙】
〘名〙 越前国(福井県)から産出された和紙の総称。奉書紙、鳥の子が特に有名。
※俳諧・毛吹草(1638)七「色々の雲の詠はおもしろし 越前紙にかける短冊」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越前紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

越前紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation