@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

越前蚊帳【えちぜんがや】

日本大百科全書(ニッポニカ)

越前蚊帳
えちぜんがや

越前国府中(ふちゅう)(福井県越前市)を中心に生産された蚊帳。1859年(安政6)に福井藩の殖産興業を目的としてつくられた物産総会所の扱った品に、生糸、布、苧(からむし)、木綿、蚊帳地、茶、麻などがある。越前蚊帳として売り出したのは1861年(文久1)ころからで、府中で生まれた山本甚三郎(じんざぶろう)が麻蚊帳地を製織したのが始まりといわれる。当時蚊帳の仕立ては問屋で行ったが、明治初期には織元で仕立てるようになった。『明治七年府県物産表』によると、福井県が全国第1位となっている工産物のなかに、釘(くぎ)、鋲(びょう)、針と並んで、蚊帳類、麻糸類がある。しかし第二次世界大戦後、蚊帳の需要はなくなった。なお昭和期に入って蚊帳にかわって人絹織物が大発展を遂げた。

[渡邊守順]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越前蚊帳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

越前蚊帳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation