@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

越訴【オッソ】

デジタル大辞泉

おっ‐そ〔ヲツ‐〕【越訴】
江戸時代、管轄の役所・役人を越えて上級の官司に提訴したこと。直訴(じきそ)駆け込み訴えはこの類。
中世、敗訴人が裁判に誤りがあるとの理由で、上訴再審請求をしたこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えっ‐そ〔ヱツ‐〕【越訴】
[名](スル)おっそ(越訴)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おっそ【越訴】
近世までの訴訟制度上の用語。二つの場合があり,第1は超歴史的な概念で,しかるべき訴訟の順序をふまない訴えのことを言い,これはいつの時代にも禁止されていた。第2は,鎌倉幕府・室町幕府のもとで存在していた再審制度の称である。
[古代・中世
 第1の場合。律令制では訴えの提起は,京においては京職(きようしき),地方においては郡司に対してまずなされるべきものであり,上訴する場合は京職→刑部省→太政官,郡司→国司→太政官と順を追うべきものとされ,その順序をふまない訴えは越訴として処罰の対象とされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

越訴
おっそ

江戸時代、所定の手続を経ないで訴えまたは願い出ること。訴訟については、たとえば、評定所(ひょうじょうしょ)の管轄する事件であっても、訴状は寺社、町または勘定の各奉行所(ぶぎょうしょ)に提出すべきであるのに、直接評定所に提出する類をいう。直訴(じきそ)、駈込訴(かけこみうったえ)および駕籠訴(かごそ)も広い意味の越訴である。名主、代官らが訴願を取り次いでくれないときに行われたもので、直訴は将軍、大名などに直接願い出ることをいい、駕籠訴は途上で老中や領主などの駕籠に訴願書を投げ入れたり、または直接訴願することをいう。駈込訴は、通常の手続では訴願が受理されないとき、奉行所や幕府の有力者、領主の屋敷などに駆け込んで訴願することをいう。義民(ぎみん)といわれる佐倉惣五郎(そうごろう)や磔(はりつけ)茂左衛門などは有名な直訴の例であるが、一般に直訴した者は死刑の厳罰を受けた。その他の場合にも、訴願した者はいずれも処罰された。なお、鎌倉・室町時代の越訴は、判決の過誤を救済する再審請求制度であり、越訴方(頭人(とうにん)・奉行人)が審理を担当した。

[石井良助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えっ‐そ ヱッ‥【越訴】
〘名〙
② 訴訟等で、判決を不服とし、上級の機関に訴えること。上訴。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「訴訟する者先づ下局の裁判を受けて之に心服せざるときは等を越て上局に訴ふべし之を越訴と云ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おっ‐そ ヲッ‥【越訴】
〘名〙
① 律令制で、手続きを無視して訴訟を提起すること。所轄の官司でなく上級の官司へ訴えることで、禁止されていた。
※律(718)逸文「凡越訴及受者、各笞
② 中世・近世において、広く所定の手続きを無視して訴訟を提起すること。越次第(おつしだい)
※御成敗式目(1232)六条「次不本所挙状越訴事」
③ 中世、武家訴訟法での、判決の過誤救済の手続き。与えられた判決に誤りがあるとして再び訴訟を提起すること。貞永元年(一二三二)、御成敗式目編纂当時すでに存在し、鎌倉中期に発達した制度で室町時代にも継承された。
※御成敗式目(1232)起請「又依道理、評定之庭、被棄置之輩、越訴之時、評定衆之中被与一行者、自余之計皆無道之由、独似之歟」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

越訴
おっそ
一定の順序を越え,正規の手続きを経ずに上訴すること
律令制では禁止されている。鎌倉時代には,敗訴人の再審要求も越訴というようになり,越訴奉行が処理した。江戸時代になると,越訴は筋違いの訴えとして厳禁された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越訴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

越訴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation