@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

趣・赴【おもむき】

精選版 日本国語大辞典

おも‐むき【趣・赴】
〘名〙 (五段活用動詞「おもむく(趣)」の連用形の名詞化)
① ある方向へ向かって行くこと。おもぶき。
② 心の動き。心がある方向に動いてゆくこと。また、その方向。おもぶき。
※源氏(1001‐14頃)帚木「中の品になん、人の心心、おのがじしの立てたるおもむきも見えて」
③ 事柄の内容の大体の方向。また、事柄の大事な内容。意味。趣意。趣旨。おもぶき。
※歌仙本躬恒集(924頃)「その御屏風の歌所々の趣に随へり」
※方丈記(1212)「仏の教へ給ふおもむきは、事にふれて執心なかれとなり」
④ 物事のなりゆき。様子。事情。おもぶき。
※源氏(1001‐14頃)野分「ほのぼのかやうにきこえたはぶれ給ふ言の葉のおもむきに、ゆるびなき御なからひかなと聞きゐ給へり」
※保元(1220頃か)上「合戦の趣きはからひ申せ」
⑤ 物事についての感興。情趣。風情。おもしろみ。あじわい。趣味。雅致。おもぶき。
※源氏(1001‐14頃)乙女「水のおもむき、山のおきてを改めて」
⑥ 「たい(鯛)」の異名。〔随筆・嘉良喜随筆(1750頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おも‐む・く【趣・赴】
(「面(おも)向く」が原義)
[1] 〘自カ五(四)〙 ある方向へ向かう。おもぶく。⇔そむく
① 向かう。向かって行く。行く。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)八「是の人の為に即ち来たりて請に赴(オモムカ)む」
② (ある事柄に)心が向かう。心をかける。専心する。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「いかなる仏神に大願をたて、なでうことの謀(たばかり)をしてか、女のおもむくべき」
※源氏(1001‐14頃)御法「ひたみちに行ひにおもむきなんに、さはり所あるまじきを」
③ (相手の考え、教えなどに)従う。同意する。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「この男(をのこ)どもを呼びとりて、〈略〉語らふに、二人は、おもむきにけり」
④ (男女の間で)相手に好意をもつようになる。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)三「古風な事の好なお人は急度(きっと)律義で実がありますよと言やアがったが、夫(それ)から些(ちっと)つつ趣(オモム)いて来たやうだ」
⑤ 物事が変化して、ある状態に向かっていく。次第にある状態になる。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「世は、日々開化におもむきて、遂に今日に至りたり」
[2] 〘他カ下二〙 ある方向に向かわせる。
① 向ける。向かわせる。向かって行かせる。行かせる。
※源氏(1001‐14頃)横笛「この笛をば〈略〉たちまちに、仏の道におもむけんも、たふときこととはいひながら、あへなかるべし」
② (人の心を)ある方向に向かわせる。人に説いて同意させる。従わせる。教化する。
※源氏(1001‐14頃)乙女「恥づかしげなる御気色なれば、強ひても、え聞こえおもむけ給はず」
※コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)三「バンジノ ココロアテヲ デウスエ vomomuqe(ヲモムケ) タテマツルベキ コト」
③ 事がある方向に向かうようにする。うまくことが運ぶようにする。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「我が大事の聖(ひじり)の君、このことおもむけしめ給へ」
④ (そのような方向、趣旨で)考える。また、心に思うことをほのめかす。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「もてはなれて、似げなき御事ともおもむけ侍らず」
[語誌]上代、中古においては、四段活用の自動詞とともに、下二段活用の他動詞も広く用いられていた。中世以後、次第に(一)の四段活用例に限られるようになり、意味の上でも、現代では①の意に限られるようになる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おも‐むけ【趣・赴】
〘名〙 (下二段活用動詞「おもむく(趣)」の連用形の名詞化) ある方向へ向かわせること。仕向け。意向。教化。おもぶけ。
※書紀(720)景行四〇年是歳(北野本訓)「唯(たた)信濃国(しなののくに)越国(こしのくに)(すこふ)る化(オモムケ)に従(したか)はず」
※源氏(1001‐14頃)須磨「いひ出づることなくて止みぬるばかりの、人の御おもむけも、あながちなりし心の引く方にまかせず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

趣・赴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

趣・赴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation