@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足入れ婚【あしいれこん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足入れ婚
あしいれこん
正式の姻成立祝いを待たずして,儀礼ののち女性が夫の家族に入る婚姻居住形態をいう。地方によってはこれをカドイレ,シキマタギなどと呼ぶ。農家の結婚式は農閑期の冬に行われるのが一般的であったが,労働力としての必要上,冬まで待てないようなときに足入れ婚が行われた。またが夫方に試験的に同居しながら適応性をはかるために行う形態もあった。これとは別に,民俗学者大間知篤三は伊豆諸島の事例をもとにして,結婚成立祝いを夫方で行いながらも,結婚当初は妻方で生活する婚姻形態を足入れ婚と呼んで,婿入り婚から嫁入り婚へと変遷したという日本の婚姻変遷の中間に位置づけた。しかしその場合は婚姻居住形態からすれば婿入り婚の一種である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あしいれ‐こん【足入れ婚】
婚姻成立祝いをしただけで嫁は実家に帰って、婿が泊まりに通う妻問(つまど)い婚の形を一定期間とったのち、嫁が婿方の家へ移るもの。あしいれ。
内祝言の後、嫁が婿方に移り住む風習。あしいれ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

足入れ婚
あしいれこん
嫁入り婚の一つの方式で、形からいうと婿入り婚に近い。現在嫁入り婚とよばれているものは、嫁が夫のもとに移り、夫の家で生活が行われるものであるが、足入れというのは、最初婚姻の行われるのは嫁方で、以後嫁の引き移りまでの間、夫が妻のもとへ通う様式がとられている。この期間は婿入り婚的な形をとり、ある期間を経て、妻は夫の家に移る。つまり婚姻の成立と、嫁の引き移りとの間に、ある程度年月があるのであって、このなかには伊豆の島々のように、嫁は主婦となる日、すなわち夫の母が亡くなってから、家の主婦として引き移るという習わしもあった。
 現在アシイレとよばれる結婚はほとんどなくなっているが、しかし老年の婦人のなかにはアシイレで嫁にきたと語る人も多い。その場合、いささかの躊躇(ちゅうちょ)もなく語るのは、どこでもごくありふれた方式であったためであろう。アシイレのほかデイリソメ(出入り初め)、アユミソメなどの名称もあり、またハシトリ(箸トリ)、一晩ドマリなどともいうが、これらのなかには夫と妻との年回りとか、忌中であるとか、または経済的理由もあって披露の宴を延期したり、簡略にする場合もあった。なかには試験婚のような形で嫁を引き取る例もあって、世間の指弾を浴びることもあった。[丸山久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足入れ婚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足入れ婚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation