@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足利市【あしかが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利〔市〕
あしかが
栃木県の南西端,足尾山地の南麓から渡良瀬川中流域にある市。 1921年市制。 54年三重 (みえ) ,山前 (やままえ) ,北郷 (きたごう) ,名草 (なぐさ) の4村,59年富田 (とみた) 村,60年群馬県矢場川 (やばかわ) 村の一部,62年御厨 (みくりや) ,坂西 (さかにし) 2町をそれぞれ編入。中心市街地の足利は古代から交通の要地で,東山道の宿駅として重要であった。中世に源義康が足利氏を名のって居城,足利氏発祥の地となった。近世には戸田氏1万 1000石の陣屋がおかれた。絹織物の名産地として中世末期より知られ,江戸中期には工場制手工業も出現。 1889年に両毛線,1907年に東武鉄道伊勢崎線が開通し,足利銘仙の産地として関東機業地帯の一中心を形成。第2次世界大戦後は,縫製業に代ったが,機械部品,織機,ゴム,合成樹脂などの工業も盛んになり,繊維単一工業都市から脱皮。足利学校跡には旧金沢文庫本など多数の国宝の古文献や重要文化財がある。また,鑁阿 (ばんな) 寺も大御堂 (本堂) をはじめ重要文化財が多い。ともに史跡に指定されている。ほかに鶏足寺など古社寺が多くある。市域の一部は足利県立自然公園に属する。面積 177.76km2。人口 14万9452(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あしかが‐し【足利市】
足利

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation