@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足利成氏【あしかがしげうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利成氏
あしかがしげうじ
[生]永享6(1434)
[没]明応6(1497).9.30. 古河
室町時代の武将。古河公方 (1455~97) 。鎌倉公方持氏の子。幼名永寿王。永享 11 (39) 年2月持氏が永享の乱に敗れて鎌倉で自害したとき,瑞泉寺の僧昌在に保護されて,のち信濃の大井持光を頼った。翌年3月兄春王,安王の下総結城 (ゆうき) での挙兵に参加したが,翌月落城,春王,安王は美濃で殺された。成氏は許されて在京していたが,宝徳1 (49) 年上杉房定が関東の諸将にはかり,室町幕府に願って鎌倉公方としたため東下して,9月鎌倉に入った。次いで 11月元服。同3年2月従四位下左兵衛督となる。成氏は,父持氏を敗死させた上杉憲実および憲忠の父子を憎み,一度は幕命を奉じて和睦したものの,享徳3 (54) 年 12月には憲忠を鎌倉の屋形に襲い殺した。幕府はただちに成氏追討を命じ,関東は成氏と上杉氏との対抗を中心に大動乱に陥った。康正1 (55) 年正月成氏は武蔵分倍河原 (ぶばいがわら) に出陣して,憲忠のあと上杉家を継いだ弟の房顕を破り,以後,次々と上杉方の諸将を攻めた。しかし6月になると,幕命を受けた駿河守護今川範忠の軍に鎌倉を奪われ,成氏は長禄1 (57) 年下総古河城を治めて,こに拠った。幕府はさらに将軍義政の弟政知を伊豆堀越に下し,関東を鎮定させようとした。政知を堀越公方,成氏を古河公方と呼ぶのはここから出た言葉である。これより戦況は一進一退して決定しなかったうえ,文明9 (77) 年には房顕の後嗣顕定とその家臣長尾景春との間に戦いが起り,関東は一層乱れた。かくて成氏,上杉氏とも次第に勢力を失い,同 10年成氏は顕定と和した。次いで同 14年成氏は幕府,政知とも和睦した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あしかが‐しげうじ〔‐しげうぢ〕【足利成氏】
[1434~1497]室町中期の武将鎌倉公方(くぼう)となり、享徳3年(1454)管領上杉憲忠(うえすぎのりただ)を殺して幕府と対立。翌年下総(しもうさ)古河(こが)に移り古河公方と称した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

足利成氏 あしかが-しげうじ
1434/38-1497 室町時代の武将。
永享6/10年生まれ。足利持氏(もちうじ)の4男。結城(ゆうき)合戦後,2人の兄は殺されたが,成氏は幼年のためゆるされた。宝徳元年父の跡をついで5代鎌倉公方(くぼう)となる。享徳3年関東管領(かんれい)上杉憲忠(のりただ)を殺して幕府の追討をうけ,下総(しもうさ)古河(こが)(茨城県)にうつって古河公方とよばれた。文明14年幕府と和睦(わぼく)した。明応6年9月30日死去。60/64歳。幼名は永寿王丸。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あしかがしげうじ【足利成氏】
1434‐97(永享6‐明応6)
室町中期の武将。足利持氏の子。幼名は一般に万寿王丸とされている。後に初代古河公方(こがくぼう)となる。1440年(永享12)の結城合戦に兄安王丸,春王丸らとともに参加する。兄2人は捕らえられ上洛の途中美濃で殺害されたが,成氏は逃れて信濃に入ったともいわれる。その後数年を経て鎌倉に戻り,幕府から正式に許されて鎌倉府を再建した。49年(宝徳1)には,将軍義成(後の義政)の偏諱(へんき)を得て成氏と称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

足利成氏
あしかがしげうじ
(1434―1497)

室町後期の武将。鎌倉公方(くぼう)足利持氏(もちうじ)の子。幼名永寿王丸。初代古河(こが)公方。生年については異説もある。永享(えいきょう)の乱の際、信濃(しなの)の大井氏のもとに逃れ、乱の終結後もそこにとどまっていたが、1448年(文安5)鎌倉公方になるべく鎌倉に帰り、翌1449年元服し成氏と名のった。しかし父持氏を討った上杉憲実(のりざね)の子である関東管領(かんれい)上杉憲忠(のりただ)との不和により、1454年(享徳3)憲忠を殺害し、享徳(きょうとく)の大乱を引き起こした。この結果幕府の追討を受け、1455年(康正1)今川範忠(のりただ)の攻撃を受けて鎌倉を逃れ下総(しもうさ)の古河に拠(よ)った。これ以後長くここを本拠として反幕府・反上杉氏の行動をとっていたことにより古河公方とよばれた。1482年(文明14)に幕府と和解(都鄙(とひ)の合体)、明応(めいおう)6年9月30日に没した。栃木県下都賀郡野木町野渡の満福寺内にある五輪塔が成氏の墓と伝えられる。

[小要 博]

『佐藤博信編『足利成氏文書集』(1976・後北条氏研究会)』『神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 通史編1』(1981・財団法人神奈川県弘済会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あしかが‐しげうじ【足利成氏】
室町中期の武将。第五代関東公方。持氏の子。享徳三年(一四五四)関東管領上杉憲忠を殺して幕府と対立。翌年下総古河城に移り、上杉方が迎えた幕府側の堀越公方に対して古河公方と称した。永享六~明応六年(一四三四‐九七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

足利成氏
あしかがしげうじ
1434〜97
室町中期の鎌倉公方。古河 (こが) 公方
持氏の子。永享の乱後も幕府にそむき捕らえられ上京。のち許され,1449年迎えられて鎌倉に入ったが,管領上杉氏と争い,幕府とも対立。'55年鎌倉を保つことができず,下総古河城に移り,古河公方と称して,堀越公方政知 (まさとも) と対立した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利成氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利成氏の関連情報

関連キーワード

永享条約ビータウタスウワディスワフ2世ヤギェウォブルネレスキブルネレスキヤギェウォ朝新書ブーム経済同友会足利義勝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation