@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足利氏【あしかがうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利氏
あしかがうじ
清和源氏源義家の子孫。義家の孫義康が下野足利に住して,足利氏を称した。その子義兼は源頼朝に従って御家人となり,北条時政の娘を妻とし,さらに義氏,泰氏も北条氏と通婚して鎌倉幕府に重用され,上総,三河の守護。尊氏のとき,後醍醐天皇の命に応じて六波羅探題を滅ぼして建武中興第一の功臣となったが,のち建武政権にそむき,光明天皇を擁立し京都に室町幕府を開き,延元3=暦応1 (1338) 年征夷大将軍に任じられた。3代義満は元中9=明徳3 (92) 年南北朝合一を成功させ,山名,大内などの有力守護大名を制圧して幕府権力を確立,対明貿易を盛んにした。6代義教も永享の乱で関東の足利持氏を討ち幕威をあげたが,赤松満祐に暗殺された。8代義政は,その継嗣問題から応仁の乱を起し,文明5 (1473) 年に子義尚に職を譲り,京都東山に銀閣を造り,東山殿と呼ばれた。応仁の乱を契機として次第に将軍の権力は衰え,管領,権臣などが実権を握り,天正1 (1573) 年 15代義昭が織田信長に追われて幕府は滅亡した。また尊氏の次男基氏は鎌倉公方として東国を管領し,氏満,満兼,持氏と代々鎌倉府にあったが,やがて幕府と対立するようになり,持氏は永享 10 (1438) 年関東管領上杉憲実を討とうとして幕府軍に敗れ,自殺。その子成氏は下総古河に拠って古河公方と呼ばれたが,幕府は義政の弟政知を伊豆堀越におき,成氏と対抗させた (堀越公方) 。政知の子茶々丸は北条早雲に攻められて自殺,堀越公方は滅びた。成氏の孫高基,その子晴氏はのち北条氏と結んで勢力の回復に努めたが失敗した。晴氏の孫国朝のとき,下野喜連川に移り喜連川氏を称した。その子孫は代々江戸幕府に仕え,明治にいたり足利姓に復した。支族に,斯波畠山細川一色吉良仁木氏などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あしかがうじ【足利氏】
下野国足利(現,栃木県足利市)を名字の地とする武士。藤原秀郷流と源氏との2流がある。
[藤原足利氏]
 藤原秀郷の後裔成行の代から足利を称したと伝え,薗田,大胡,佐野,阿曾沼などの諸氏を分出する。成行の養子(実は孫)家綱は12世紀半ばに隣庄簗田(やなた)御厨をめぐって源義国・義康らと争い,また足利荘をめぐって新田義重と争っている。その子俊綱は数千町を領する郡内の棟梁といわれ,同じ秀郷流の小山氏権勢を争っていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

足利氏
あしかがうじ
清和源氏(せいわげんじ)。鎌倉~室町時代の豪族。源義家(みなもとのよしいえ)の子義国(よしくに)の次子義康(よしやす)に始まる。下野国(しもつけのくに)足利荘(あしかがのしょう)(栃木県足利市)を本拠とした。義康は保元(ほうげん)の乱(1156)に活躍し、その室は源頼朝(よりとも)の母の妹にあたる。義康の子義兼(よしかね)は頼朝の鎌倉幕府創業に参画、北条時政(ほうじょうときまさ)の女(むすめ)を室とし、続く義氏(よしうじ)、泰氏(やすうじ)らも北条氏と姻戚(いんせき)関係にあった。仁木(にき)、細川、畠山(はたけやま)、岩松、桃井(もものい)、吉良(きら)、今川、斯波(しば)、渋川、石塔(いしどう)、一色(いっしき)らの諸氏を分出し、鎌倉時代を通じて嫡流の新田(にった)氏をしのぐ強大な一族となった。三河、上総(かずさ)両国の守護職をはじめ、上野(こうずけ)、下野、相模(さがみ)、美作(みまさか)、陸奥(むつ)などに所領をもった。義康より8代目の高氏(たかうじ)(のちに尊氏)は建武新政(けんむのしんせい)の成立に貢献し、ついで新政が行き詰まると後醍醐(ごだいご)天皇を吉野に追い、1338年(延元3・暦応1)征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)となって室町幕府を開いた。初期の幕府は尊氏と弟直義(ただよし)の対立をはじめ、諸大名の抗争も加わって、約半世紀にわたりいわゆる南北朝の内乱期を現出した。3代将軍義満(よしみつ)になって、南北に分かれていた皇統も1392年(元中9・明徳3)に合一し、比較的安定した時期に入った。1441年(嘉吉1)6代将軍義教(よしのり)が赤松満祐(あかまつみつすけ)に暗殺された嘉吉(かきつ)の乱ごろより諸大名間の対立がふたたび顕在化し、8代義政(よしまさ)、9代義尚(よしひさ)のときには応仁(おうにん)の乱(1467~1477)が始まった。これ以降15代義昭(よしあき)に至る時期は戦国時代とよばれ、幕府の権威は著しく低下した。一方、尊氏の子基氏(もとうじ)は鎌倉にいて鎌倉公方(くぼう)(関東公方)とよばれ、基氏より5代目の成氏(しげうじ)は下総(しもうさ)古河(こが)に移り、古河公方とよばれた。[桑山浩然]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

足利氏
あしかがし
室町幕府の将軍家
新田氏と並ぶ清和源氏の名門。源義家の孫義康が祖。本拠は下野 (しもつけ) 国(栃木県)足利庄。鎌倉時代,上総 (かずさ) ・三河の守護となり,一族には細川・畠山・斯波 (しば) ・渋川・一色・今川・吉良らの諸氏が分出した。尊氏のとき元弘の変に乗じて北条氏を倒し,建武の新政に功があったが,のち建武政権を倒し,征夷大将軍となり室町幕府を開設。代々将軍となり,3代義満から6代義教 (よしのり) までが最盛期。応仁の乱(1467〜77)後将軍は勢力を失い,15代義昭 (よしあき) のとき織田信長に追われて滅亡した。尊氏の第4子基氏は関東管領(のち鎌倉公方)となり,以後その家系がこれを世襲した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation