@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足利満兼【あしかがみつかね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利満兼
あしかがみつかね
[生]天授4=永和4(1378)
[没]応永16(1409).7.22. 鎌倉
室町時代前期の武将。第3代鎌倉公方 (1398~1409) 。元中9=明徳3 (1392) 年以後新たに関東分国となった陸奥,出羽両国統治のため,応永6 (1399) 年弟満貞,満直を奥州篠川,稲村に派遣した。また同年,大内義弘が将軍義満にそむいて起した応永の乱に呼応し,京に攻め上るため武蔵府中まで進軍したが上杉憲定にいさめられ,鎌倉に帰った。のち幕府と和睦し,同9年,陸奥伊達政宗反乱を鎮圧するなど,分国内の平定に努めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

足利満兼 あしかが-みつかね
1378-1409 室町時代の武将。
永和4=天授4年生まれ。足利氏満の長男応永5年3代鎌倉公方(くぼう)をつぐ。弟の満直(みつただ),満貞を奥州に派遣して支配を強化。大内義弘足利義満打倒の兵をあげた応に呼応して,将軍職をねらい武蔵(むさし)府中に出陣したが,義弘敗死と上杉憲定(のりさだ)の諫言(かんげん)で断念し鎌倉にかえった。応永16年7月22日死去。32歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あしかがみつかね【足利満兼】
1378‐1409(天授4∥永和4‐応永16)
室町前期の武将。足利氏満の子。鎌倉公方(くぼう)3代。幼名は寿王丸。将軍義満の偏諱(へんき)を得て満兼と称す。従五位下,左馬頭,のちに従四位下,左兵衛督となる。1399年(応永6)弟満貞,満直をそれぞれ奥羽に派遣し,稲村御所篠川(ささがわ)御所として支配せしめた。1404年に伊達政宗の乱が起こるや,上杉氏憲を派遣して鎮圧した。また1399年大内義弘が将軍義満打倒の兵をあげた応永の乱に呼応して出陣したが,義弘の敗死と関東管領上杉憲定の説得で鎌倉に戻り,異心なき旨を伊豆三嶋社に誓い,将軍義満に服した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

足利満兼
あしかがみつかね
(1378―1409)
室町前期の武将。鎌倉公方(くぼう)第2代足利氏満(うじみつ)の子。1398年(応永5)父氏満の後を継ぎ21歳で鎌倉公方となり、従(じゅ)五位下左馬頭(さまのかみ)に叙任された(のち従四位下左兵衛督(さひょうえのかみ)となる)。翌1399年、南奥州の支配強化のため、弟の満貞(みつさだ)、満直(みつただ)をそれぞれ稲村御所(いなむらごしょ)、篠川(ささがわ)御所として南奥州に派遣した。また同年末、有力守護大名大内義弘(よしひろ)の乱(応永(おうえい)の乱)に荷担して上洛(じょうらく)を企てようとしたが、義弘の敗北と関東管領(かんれい)上杉憲定(のりさだ)の諫止(かんし)によって断念した。応永16年7月22日、32歳で病没。鎌倉の瑞泉寺勝光院(ずいせんじしょうこういん)に葬られた。法名は勝光院泰岳道安。[田代 脩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あしかが‐みつかね【足利満兼】
室町前期の武将。第三代関東公方。氏満の子。大内義弘の反乱に呼応して将軍義満を打倒しようとしたが、義弘の敗死と管領上杉憲定の説得により阻止される。永和四=天授四~応永一六年(一三七八‐一四〇九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

足利満兼
あしかがみつかね
1378〜1409
室町前期の鎌倉公方
氏満の子。1399年大内義弘の応永の乱に呼応し上京しようとしたが,幕府のをうけた管領上杉憲定 (のりさだ) に諫められて中止した。奥羽で伊達政宗(戦国大名の伊達政宗の祖先)が将軍足利義満と通じ反したのでこれを攻め降した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利満兼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利満兼の関連情報

関連キーワード

チオンピの乱ウルバヌス6世アビニョン教皇庁カール[4世]カールカエターニ家グレゴリウス11世クレメンス7世大分裂白羊朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation