@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足利義持【あしかがよしもち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利義持
あしかがよしもち
[生]元中3=至徳3(1386).2.12.
[没]正長1(1428).1.18. 京都
室町幕府4代将軍 (在職 1394~1423) 。義満の子。母は藤原慶子。9歳で将軍職を継いだが,政務は義満がとった。応永9 (02) 年従一位,同 16年内大臣となる。同 15年に没した義満に太上法皇の称号を贈ろうとする朝議を辞し,また同 26年明との国交を断絶するなど,義満の施政を改めた。同 23年関東に起った上杉禅秀の乱に参画した弟義嗣を同 25年に殺害。同 30年には子義量に将軍職を譲って出家したが,2年後,義量がぬと再び政務をとった。死にのぞみ,男子がなく,後継者を指名せず,その選定宿老にまかせた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あしかが‐よしもち【足利義持】
[1386~1428]室町幕府第4代将軍在職1395~1423。義満の子。応永元年12月(1395年1月)9歳で将軍となる。父の死後日明(にちみん)貿易を中止するなど独自の政策が目立った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

足利義持 あしかが-よしもち
1386-1428 室町幕府4代将軍。在職1395*-1423。
至徳3=元中3年2月12日生まれ。足利義満の長男。応永元年9歳で将軍職をつぐ。父の在世中は実権がなく,その死後,斯波義将(しば-よしまさ)らの支持で政務をとる。父への太上(だいじょう)天皇号辞退,(みん)(中国)との貿易中止など,義満時代の政治をあらためた。応永35年1月18日死去。43歳。法名は道詮。法号は勝定院

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あしかがよしもち【足利義持】
1386‐1428(元中3∥至徳3‐正長1)
室町幕府4代将軍。1394‐1423年(応永1‐30)在職。義満の子。母は醍醐寺三宝院坊官安芸法眼の女藤原慶子。1394年12月17日元服して征夷大将軍となったが,その後も父義満が政務を執った。しかも義満の義嗣(義持の異母弟)偏愛が始まり,家督相続が危ぶまれたが,1408年(応永15)義満が死ぬと,管領斯波義将らの支持を得てその地位を保全した。翌年7月内大臣になり,10月には北山第から,新築成った三条坊門第に移った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

足利義持
あしかがよしもち
(1386―1428)

室町幕府第4代将軍。義満(よしみつ)の側室藤原慶子を母に至徳(しとく)3年2月12日生まれる。1394年(応永1)9歳で元服し、正五位下左中将に叙任されて将軍宣下を受ける。参議、従三位権中納言(じゅさんみごんちゅうなごん)へと累進したが、政務の実権は父義満に握られ職名のみの将軍であった。義満が北山第(きたやまてい)を落成して移住したのちも室町第に住し、しかも晩年の義満が義嗣(よしつぐ)(義持の異母弟)を偏愛したため、義嗣との間に対立感情が生じた。義満死後、斯波義将(しばよしまさ)ら幕閣の支持で改めて地位を確保し、ひそかに関東や南朝方に通じ謀反のおそれのあった義嗣を捕らえて殺害させる一方、三条坊門に新第を築き幕政を固め、幕府の最盛期を迎えた。義満の太上天皇号辞退や日明(にちみん)外交貿易の中止、天竜寺を五山第一位とし五山官寺の綱紀を糺(ただ)すなど、斯波義将、細川満元(みつもと)、畠山満家(はたけやまみついえ)の歴代管領(かんれい)の献策、補佐で義満時代の弊風是正に努めた。1423年(応永30)嫡子義量(よしかず)に将軍職を譲って出家したが、義量早世のためふたたび法体のまま政務をみた。晩年赤松満祐(あかまつみつすけ)の播磨(はりま)守護職を取り上げ溺愛(できあい)する赤松持貞(もちさだ)に譲らせようと画策して満祐の怒りを買う事件などあったが、応永(おうえい)35年正月18日43歳で死去した。法号は勝定院殿顕山道詮禅定門。京都北山の等持院に葬られた。

[太田順三]

『臼井信義著『足利義満』(1960・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

足利義持 (あしかがよしもち)
生年月日:1386年2月12日
室町時代の室町幕府第4代の将軍
1428年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あしかが‐よしもち【足利義持】
室町幕府第四代将軍。義満の子。応永元年(一三九四)将軍となる。同三〇年三月将軍職を義量(よしかず)に譲ったが、義量が早世したため没時まで執政した。至徳三=元中三~正長元年(一三八六‐一四二八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

足利義持
あしかがよしもち
1386〜1428
室町幕府4代将軍(在職1394〜1423)
義満の子。1394年9歳で将軍となったが,初め政務は義満によって決せられた。義満の死後,斯波義将 (しばよしまさ) らの補佐によって政務をとった。義満の始めた日明貿易を中止し,1416年上杉禅秀の乱に通謀したかどで弟義嗣 (よしつぐ) を殺し,鎌倉公方足利持氏を威圧した。'23年将軍職を子義量 (よしかず) に譲ったが,'25年義量が早世すると再び政務をとった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利義持」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利義持の関連情報

関連キーワード

ヤギエウォ朝ウワディスワフ2世ヤギェウォラディスラオ五山・十刹バルト三国ポーランド史ヤギェウォ朝リトアニア大公国ヤゲウォ(ヤゲロー)朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation