@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足利義澄【あしかがよしずみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利義澄
あしかがよしずみ
[生]文12(1480).伊豆,堀越
[没]永正8(1511).8.14. 近江,岡山
室町幕府 11代将軍 (在職 1494~1508) 。政知の子。初め天竜寺香厳院主清晃還俗して義遐 (よしとお) ,義高,義澄と改名細川政元擁立されて将軍となったが,前将軍足利義稙対立近江に逃れて永正5 (08) 年将軍職を退いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あしかが‐よしずみ【足利義澄】
[1481~1511]室町幕府第11代将軍。在職1495~1508。足利政知(まさとも)の子で、義政養子細川政元に擁立されて将軍となったが、永正5年(1508)前将軍義稙(よしたね)に将軍職を追われた。
[補説]6歳で出家し清晃(せいこう)と名乗る。明応2年(1493)に還俗(げんぞく)して義遐(よしとお)、同年、義高(よしたか)、文亀2年(1502)に義澄と改名している。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

足利義澄 あしかが-よしずみ
1481*-1511 室町幕府11代将軍。在職1495*-1508。
文明12年12月15日生まれ。足利政知(まさとも)の次男。10代将軍足利義稙(よしたね)が細川政元の反乱により追放されると,還俗(げんぞく)して明応3年将軍となる。永正(えいしょう)4年政元が暗殺され,5年義稙が援軍とともに京都にせまると,近江(おうみ)にのがれた。永正8年8月14日死去。32歳。伊豆(いず)出身。初名は義遐(よしとお),のち義高。法名は清晃。法号は法住院。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あしかがよしずみ【足利義澄】
1480‐1511(文明12‐永正8)
室町幕府11代将軍。院号法住院。堀越公方足利政知の子。伊豆に出生。1491年(延徳3)上洛して天竜寺塔頭(たつちゆう)香厳院の喝食(かつしき)となる。93年(明応2)4月,細川政元のクーデタによって将軍義稙(よしたね)(義材(よしき))が廃立されたとき,将軍跡目に嗣立されて還俗,従五位下に任官し,初め義遐(よしとお)のち義高,義澄と改名した。94年左馬頭,征夷大将軍に就任したが,実権はまったく政元が掌握し,典型的なかいらいであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

足利義澄
あしかがよしずみ
(1480―1511)

室町幕府第11代将軍。文明(ぶんめい)12年12月15日生まれ。堀越公方(ほりこしくぼう)足利政知(まさとも)の子。元来、将軍位継承の地位になく、初め天竜寺喝食(かつじき)として塔頭(たっちゅう)香厳院に入寺し、清晃(せいこう)と称す。還俗(げんぞく)後、初名義遐(よしとお)、ついで義高(よしたか)、1502年(文亀2)より義澄を名のる。将軍義稙(よしたね)が第二次六角(ろっかく)征伐や河内(かわち)(大阪府)出陣を起こし、管領(かんれい)細川政元(まさもと)と対立したため、1493年(明応2)政元のクーデターにより将軍に擁立された。しかし実権はほとんどなく、細川氏による幕府政治の専制化が進み、義澄の威令は畿内(きない)近国にしか及ばなかった。1508年(永正5)細川氏の内紛と義稙の上洛(じょうらく)により京都を追われ、将軍位を剥奪(はくだつ)された。永正(えいしょう)8年8月14日近江(おうみ)(滋賀県)岡山で死去。

[今谷 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

足利義澄 (あしかがよしずみ)
生年月日:1480年12月15日
戦国時代の室町幕府第11代の将軍
1511年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あしかが‐よしずみ【足利義澄】
室町幕府第一一代将軍。政知の子。初名義遐(よしとお)、義高。はじめ、天龍寺香厳院主。明応三年(一四九四)細川政元に擁されて還俗し、将軍となる。永正五年(一五〇八)近江に追われた。文明一二~永正八年(一四八〇‐一五一一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

足利義澄
あしかがよしずみ
1480〜1511
室町幕府11代将軍(在職1494〜1508)
堀越公方足利政知 (まさとも) の子。義教 (よしのり) の孫で義政の養子。1494年細川政元に擁せられ将軍義稙 (よしたね) に代わって将軍となったが,1508年前将軍義稙,大内義興 (よしおき) が入京すると近江に追われ将軍職を退いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利義澄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利義澄の関連情報

関連キーワード

ボッティチェッリコロンブフープマイヤームーランの画家ムーランの画家大村氏オルフェオ物語タラントムーランの画家梅襲

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation