@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足結・脚結【あゆい】

大辞林 第三版

あゆい【足結・脚結】
上代、男子が外出や正装のとき、袴の上から膝下あたりで結ぶ紐ひも。鈴や玉をつけることもあった。あしゆい。あよい。 ⇔ 手結たゆい 宮人の-の小鈴落ちにきと/古事記
富士谷成章の用いた文法用語。現在の助詞・助動詞・接尾語などに相当する。 → 挿頭抄かざししよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あ‐ゆい ‥ゆひ【足結・脚結】
〘名〙
① 上代の男子の服飾の一つ。武装したり、旅行、労働などの際、動作しやすいように、太い袴をひざの下辺りで袴の上から結ぶ紐。鈴、玉などを紐につけることもある。あしゆい。あよい。⇔手結(たゆ)い
※古事記(712)下・歌謡「宮人の 阿由比(アユヒ)の小鈴(こすず) 落ちにきと 宮人響(とよ)む 里人もゆめ」
※万葉(8C後)一七・四〇〇八「若草の 安由比(アユヒ)手装(たづく)り 群鳥(むらとり)の 朝立ち去なば」
② (脚結) 江戸後期の国学者富士谷成章(なりあきら)が、その著「あゆひ抄」で分類した品詞の一つ。今日の助詞、助動詞などに相当するもの。
※あゆひ抄(1773)おほむね「挿頭(かざし)、脚結(あゆひ)をもてことばをたすく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足結・脚結」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足結・脚結の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation