@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足羽【あすわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足羽
あすわ
福井県北部,福井市の南東部を占める地区で旧町名。 1971年福井市に編入足羽川越前中央山地から福井平野に出る地一帯を占める。西部平野条里制を残し,東大寺文書にもその名がある。東部の山地は戦国大名朝倉氏が一乗谷城を築き 100年にわたり越前支配の拠点とした。一乗谷朝倉氏遺跡は特別史跡,一乗谷朝倉氏庭園は特別名勝

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あすわ【足羽】
越前の地名。古くは(安)須波と記し,現在の福井市周辺の広い地域をさす。足羽川,足羽山,足羽郡など,川や山や郡名に冠される。足羽郡の名は天平3年(731)の《越前国正税帳》にはじめて見え,《延喜式》にみえる越前6郡の一つ。中世には郡の北西部を足羽北郡,南東部を足羽南郡と称したが,1664年(寛文4)再び元に復した。1871年(明治4)廃藩置県の際,一時(明治4年12月から同6年1月までの間)足羽県が置かれたこともあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

足羽
あすわ

福井県足羽郡にあった旧町名。現在の福井市域の南東部にあたる。大部分は足羽川の緩い扇状地で、良質米の産地として知られる。付近には条里の跡が歴然と残り、一乗谷(いちじょうだに)は戦国時代の守護朝倉氏の居城地。731年(天平3)の「越前(えちぜん)国正税帳」(正倉院(しょうそういん)文書)に足羽郡の名が初めてみえ、『和名抄(わみょうしょう)』には安須波と書かれている。

[印牧邦雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足羽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足羽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation