@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

足芸【アシゲイ】

デジタル大辞泉

あし‐げい【足芸】
あおむけに寝て、足だけでする曲芸(たる)やたらいなどを回したりする。足業(あしわざ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あしげい【足芸】
足で文字を書いたり,を射たりする芸当。しかし世界に名をとどろかせた日本の足芸は,力持ちの要素も加えた別種の曲芸である。すなわち,あおむけに寝て両足を高く差し上げた演者(太夫)が,足底にはしごやたるを乗せる。そこへ5~8歳の若太夫が登って,各種の演技を見せた。この足芸は1820年代(文政年間)から江戸上方で盛んに行われ,大坂の鉄割弥吉は〈足芸元祖〉として広く知られた。早くに海外を巡演した者も多く,たとえば江戸新吉原に住む浜碇定吉は,1867年(慶応3)にアメリカを経由してパリ万国博覧会へ出演。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

足芸
あしげい

曲芸の一種。曲持(きょくも)ちとも称される。あおむけに寝て足を上げ、その足の裏でいろいろな品物を操ったり、足の指を器用に使って文字書き、射弓、切抜き細工、楽器演奏などをしたりする。正徳(しょうとく)・享保(きょうほう)(1716~1736)ごろの『文字絵尽(づくし)』にもみえる。文化(ぶんか)・文政(ぶんせい)(1804~1830)ごろに名古屋の岩本梅吉をはじめとする名人が出現して流行した。開いた傘を水車のように回したり、石、俵、樽(たる)、たらいなどの品物や、ときには人間を載せて回したり、高く蹴(け)上げたりした。嘉永(かえい)(1848~1854)ごろに有名だった鉄割(てつわり)熊蔵(のちに弥吉(やきち))一座の『葛(くず)の葉障子(しょうじ)の曲』は、ほぼ同じ構成で木下サーカスに受け継がれている。1866年(慶応2)にヨーロッパに渡った日本最初の曲芸団にも足芸師浜碇(はまじょう)定吉が参加している。上海(シャンハイ)雑伎(ざつぎ)団や外国のサーカスにもみられる。

[織田紘二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あし‐げい【足芸】
〘名〙 足をいろいろに使ってする曲芸。仰向けに寝て、足をあげてする場合が多い。
※随筆・筠庭雑考(1843)四「近ごろ足芸といふもの、難波より来りて処々にて観せ物に出す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足芸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足芸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation