@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【アト】

デジタル大辞泉

あと【跡/痕/×迹/×址】
《「足(あ)所(と)」の意》
何かが通っていったしるし。「靴の―」「船の通った―」「頰(ほお)を伝う涙の―」「犯人の―を追う」
(傷には多く「痕」と書く)以前に何かが行われたしるし。痕跡。形跡。「消しゴムで消した―」「手術の―」「苦心の―が見受けられる」「水茎(みずくき)の―」
(建築物には多く「址」と書く)以前に何かが存在したしるし。「太古の海の―」「寺院の―」
家の跡目。家督。「父の―を継ぐ」
先人の手本。先例。「古人の―にならう」
足のあたり。足もと。
「太神宮の御方を、御―にせさせ給ふこと、いかが」〈徒然・一三三〉
[下接語]足跡雨跡家跡窯(かま)跡・刈り跡・傷痕靴跡城跡剃(そ)り跡爪痕(つめあと)鳥の跡波跡食(は)み跡人跡筆の跡船(ふな)跡水茎の跡焼け跡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【跡】[漢字項目]
常用漢字] [音]セキ(漢) シャク(呉) [訓]あと
〈セキ〉
足あと。「人跡足跡追跡
物事の行われたあとかた。「遺跡奇跡軌跡旧跡行跡形跡痕跡(こんせき)史跡事跡手跡証跡戦跡筆跡墨跡
あとめ。「名跡(みょうせき)門跡(もんぜき)
[補説]「」「」と通用。
〈あと〉「跡形跡地足跡疵跡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と【跡】
あと。足あと。「跡絶(とだ)える」「跡見(とみ)」など、複合語で用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あと【跡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

と【跡】
あと。「跡絶とだえる」「跡見とみ」など複合した形でみられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あと【跡】
〘名〙
① 足。また、足もと。足のあたり。⇔
※書紀(720)継体七年九月・歌謡「阿都(アト)取り 端(つま)取りして 〈略〉 妹(いも)が手を 我に枕(ま)かしめ」
※万葉(8C後)五・八九二「父母(ちちはは)は 枕の方に 妻子(めこ)どもは 足(あと)の方に」
② 特に、獣のうしろ足。
※大友記(17C前)豊州勢高城を責事「馬は足のとどかざる処にては竿立に立ってあとばかりにて渡る」
③ 足を下ろした所に残る形。足跡(そくせき)
(イ) あしがた。あしあと。
※仏足石歌(753頃)「丈夫の進み先立ち踏める阿止(アト)を見つつ偲はむ直に逢ふまでに正に逢ふまでに」
(ロ) 人が行き来した足あと。歩いた形跡。往来。
※源氏(1001‐14頃)手習「黒谷とかいふ方よりありく法師のあとのみ、まれまれは見ゆるを」
④ 去って行った道や方向。行方。
※古今(905‐914)離別・三九一「きみがゆくこしのしら山しらねども雪のまにまにあとはたづねん〈藤原兼輔〉」
⑤ 過ぎてしまった現象や、事件、事物のことがうかがわれるしるし。痕跡(こんせき)。遺跡。
※万葉(8C後)三・三五一「世の中を河に譬へむ朝びらき漕ぎいにし舟の跡(あと)なきごとし」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)平泉「夏草や兵(つはもの)どもが夢の跡」
⑥ 手本とすべき過去の事柄。先例。故実。ためし。しきたり。
※書紀(720)雄略二三年四月(前田本訓)「是歳、百済の調賦(みつきもの)、常の例(アト)に益れり」
⑦ 筆跡。筆のあと。
※源氏(1001‐14頃)絵合「今の浅はかなるも、昔のあとに恥なく賑ははしく」
⑧ 家の名跡。また、家の名跡をつぐ者。家督。遺産。遺領。遺産相続人。跡式(あとしき)
※書紀(720)欽明二年七月(寛文版訓)「人の後(つき)を為す者は、能く先(おや)の軌(アト)を負荷(にな)ひ」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)一「此親仁〈略〉頓死の枕に残る男子一人して、此の跡(アト)を丸どりにして」
⑨ 取引所で売買取引の終わったあと。引け跡。
[補注]ア(足)ト(処)が原義。上代には、足の方、足を踏んだ所、広がって、過ぎ去ったものの痕跡をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【跡】
〘名〙
① 正投影法で、直線と画面との交点、また平面と画面との交線。水平跡・直立跡・側跡の三つがある。
② 数学で、正方行列における主対角線上の要素の和。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation