@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

跳躍【チョウヤク】

デジタル大辞泉

ちょう‐やく〔テウ‐〕【跳躍】
[名](スル)
はねあがること。とびあがること。ジャンプ。「助走をつけて跳躍する」「跳躍力」
跳躍競技」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうやく【跳躍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうやく【跳躍】
スル
とびあがること。はねること。ジャンプ。 全身をばねにして-する
「跳躍競技」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

跳躍
ちょうやく
地面をけって空中にび上がることを総じて跳躍という。地球上においては重力加速度に対抗しての動作であり、おもに下肢の筋肉を使って行うが、手の振りや各筋肉を収縮させるタイミングなど神経と筋の協応動作にも調和のとれていることがたいせつである。とくに高い跳躍を行うためには、瞬間的に脚筋力を発揮しなければならないが、この際には筋力に随意的に速い収縮をおこす筋線維の多いことが有利とされる。
 体力測定などでよく行われる垂直跳びは、各自の体重を負荷したうえでの脚筋力と瞬発力の指標としてとらえられる。また、立幅跳びも一般によく行われているが、これは垂直方向ではなく、水平方向への移動を加味したもので、垂直跳びとは測定の意図をやや異にしている。しかし、この二つの種目は、比較的器具や技術を必要としない、筋力を反映したものといえる。昔からの子供の遊びのなかには、「石けり」「ゴムとび」「縄とび」などのように、跳躍の要素が入ったものがあるが、これらは距離、高さ、リズムなどを加味したものであり、神経系や筋力の発達を考えた場合、それなりの合理性をもっているといえる。また、縄とびのなかの「二重とび」「三重とび」「交叉(こうさ)とび」などは、跳躍の滞空時間中に手の動作や姿勢の制御を加えたものといえる。
 スポーツ競技のなかには、跳躍を必要とする種目が数多く含まれている。陸上競技では、男子には走高跳び、走幅跳び、三段跳び、棒高跳びの4種目、女子には走高跳び、走幅跳びの2種目がある。これらの競技においては、跳躍の前に行われる助走をいかに有効に垂直方向である高さや水平方向である距離に利用するか、また、跳び上がってバーを越したり、棒を突き放してからの姿勢をどのようにコントロールするかなどが技術的なポイントとなる。
 器械体操の跳馬やゆか運動、トランポリンやフィギュアスケートなどの競技においては、高さや距離そのものの跳躍に加えて、空中での姿勢のコントロールに重きが置かれる。とくにこれらの競技では、跳躍の踏み切りを行ってしまえば物理学的に決められた範囲内での重心の動きしかできないため、体のひねりや手足の動作を空中で改めて得ることは不可能となる。したがって、踏み切る前にどのような姿勢をとるかの準備をしていなければならない。
 バレーボールやバスケットボール、サッカーなどの球技の場合は、陸上競技や器械体操などの跳躍に比べて回数も多く、そのときのボールや相手のプレーヤーの動きにあわせた跳躍が要求される。また、もっとも滞空時間の長い跳躍としてはスキーのジャンプ競技があげられる。これは、滑降してきた速さに対して、ごく一瞬のタイミングをとって踏み切るものであり、独特の練習が必要とされる。
 以上のような跳躍においては、いずれの場合も筋力の強さと神経系の優れた協応動作が最重視されることはいうまでもない。[小野三嗣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐やく テウ‥【跳躍】
〘名〙
① とびあがること。はねあがること。また転じて、勢いよく活動すること。勢いづいて進むこと。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)二・所養払菻狗一旦失之踰年復還感紀其事「別久肥瘠似少異、遇我跳躍鳴嗚嗚」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「字画跳躍(〈注〉オドル)するが如く、その意味茫として知べからざりけり」 〔淮南子‐修務訓〕
② 体操で、両足をそろえてはねる運動。
③ 「ちょうやくきょうぎ(跳躍競技)」の略。〔現代語大辞典(1932)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

跳躍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

跳躍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation