@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

踊り【おどり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

踊り
おどり
の一側面である「おどり」には,古くから「」,「踊」などの漢字があてられた。古代では単なる跳躍とする日常の動作を意味し,芸術舞踊は「」と称された。古代以来,踊りは宗教と深く結びつき,したがって巫女僧侶などの宗教たちによってになわれ,伝承され,広められた。宗教性から脱皮し,芸術としてのまとまりを示すにいたるのは,歌舞伎へ発展してからである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おどり〔をどり〕【踊り/躍り】
《跳ね上がること、飛び跳ねることが原義》
(踊り)音楽などに合わせて踊ること。また、その動作。舞踏。舞踊。ダンス。
(踊り)
㋐日本の芸能で、舞(まい)と区別して、跳躍運動を主体としたもの。多くは集団性・熱狂性・庶民性をもつ。
㋑特に、盆踊り。 秋》「四五人に月落ちかかる―かな/蕪村
踊り歌」の略。
踊り字」の略。
躍り食い」の略。また、その料理。「エビの―」
顋門(ひよめき)」に同じ。〈日葡
動悸(どうき)がすること。
「胸の―は未だ止まず」〈浄・扇八景〉
江戸時代、高利貸し業者が返済期日を月末とせずに25日限りとし、これに遅れた場合は以後の4、5日でさらに1か月分の利子を取ったこと。踊り歩(ぶ)。
[下接語]足踊り雨乞い踊り阿波(あわ)踊り伊勢(いせ)踊り大踊り掛け踊り傘踊り歌舞伎踊り看看(かんかん)踊り組踊り小歌踊り小躍り簓(ささら)踊り素踊り雀(すずめ)踊りすててこ踊り総踊り太鼓踊り大漁踊り辻(つじ)踊り手踊り灯籠(とうろう)踊り練り踊り念仏踊り馬鹿(ばか)踊り裸踊り豊年踊り盆踊り奴(やっこ)踊り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おどり【踊り】
現在は〈舞踊〉として総称されるが,歴史的には舞と踊りは別の芸態である。舞が囃子手など他者の力で舞わされる旋回運動を基本とするのに対して,踊りはみずからの心の躍動やみずからが奏する楽器リズム原動力に跳躍的な動きを基本とする。〈躍〉〈〉〈をどり〉などのも用いる。舞が選ばれた者や特別な資格を持つ者が少人数で舞うのに対し,踊りはだれでもが参加できるためをなす場合が多く,場も特殊な舞台を必要としない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

踊り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

踊りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation