@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

踊念仏【おどりねんぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

踊念仏
おどりねんぶつ
多数の人が念仏を唱えながら踊り,三昧の境地に入る所作。信心を得て,往生する喜びがおのずと踊りとなって現れる。これは平安時代中期,空也が京の市屋や辻で始めたものであったが,平安時代末期以降,融通念仏や浄土宗でもその一部で行われ,広がっていった。鎌倉時代中期になると一遍が現れ,これを念仏帰依の所作としてすすめたので,踊念仏は念仏者の遊行,時宗の教勢拡大とともに急速に広まった。一遍の念仏は,称名そのもののなかに往生の因を認めるという徹底した口称念仏で,その踊念仏には民族宗教的集団性と呪術性があるといえる。室町時代以降は民衆のなかで芸能化され,やがて壬生狂言六斎念仏泡斎念仏を生み出すにいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おどりねんぶつ【踊念仏】
南無阿弥陀仏の六字名号に節をつけて詠唱し,その節拍子にあわせて踊る宗教舞踊。その起源は空也にあるといわれるが,念仏が民間に広く普及したのは踊念仏のためであった。平安中期の《日本往生極楽記》がその功績をたたえていることは有名。踊念仏は大衆がいっしょに踊ることによって一体感を持つので,大念仏ともよばれ,また田楽と結合して〈やすらい踊〉ともなった。これは念仏が死霊を鎮める功力があるので,疫病などをおこす御霊(ごりよう)を鎮魂するための宗教的大衆運動になったのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

踊念仏
おどりねんぶつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

踊念仏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

踊念仏の関連情報

他サービスで検索

「踊念仏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation