@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

躙口【にじりぐち】

世界大百科事典 第2版

にじりぐち【躙口】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

躙口
にじりぐち

草庵(そうあん)風茶室に使われる入口の形式で、「潜(くぐ)り」ともよんだ。高さも幅も二尺(約60センチメートル)余りの小さな口から躙り入るので、「躙り上り」とも称された。『松屋日記』は、千利休(せんのりきゅう)が「大坂ひらかた(枚方)ノ舟付ニくぐりにて出(でる)を侘(わび)て面白(おもしろし)」として茶室に試みたと伝えている。待庵(たいあん)の躙口が高さ二尺六寸、幅二尺三寸六分で通例よりかなり大きいのは、早い時期の試みであったことを示す。躙口には挟み敷居と挟み鴨居(かもい)を取り付け、板戸をたてる。板戸は雨戸を切り縮めた形式で、わびた心持ちを表現している。

[中村昌生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にじり‐ぐち【躙口】
〘名〙 茶室における客の出入口。にじるようにして出入りするところからの称。古くは「くぐり」とも呼んだ。はじめ、貴人には用いなかったが、利休が茶室の様式を確立してからは、すべての客の出入りに用いた。普通、高さ二尺二寸(約六六センチメートル)、幅二尺一寸(約六三センチメートル)ぐらいを規準とするが定法はない。にじりこみ。にじりあがり。にじり。
※茶道筌蹄(1816)一「中くぐり〈略〉杉の掘込柱に壁を付て、にじり口より大ぶりの戸を用ゆ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

躙口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

躙口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation