@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

身延山【みのぶさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

身延山
みのぶさん
山梨県南西部,身延町と早川町の境にある山。標高 1153m。新第三紀の頁岩を主体とする。日蓮宗の総本山である身延久遠寺妙法蓮華院の在所として知られる。本院の院はロープウェーで結ばれる。約 8km2の寺領はスギの美林で覆われ,ブッポウソウの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みのぶ‐さん【身延山】
山梨県南西部の山。標高1153メートル。日蓮宗総本山の久遠寺(くおんじ)がある。
久遠寺山号、また通称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みのぶさん【身延山】
山梨県南西部にある山。標高1153m。東側は1000m近い断層(身延衝上断層)富士川の谷に臨み,西は糸魚川‐静岡構造線上の春木川の谷へ下るが,山頂準平原のなごりをとどめ,平たんである。地質は,第三紀中新世中・後期の地層より成り,山腹の久遠(くおん)寺付近では泥岩,より高所では安山岩(火山角レキ岩および凝灰岩)である。身延山の名称は,一般には山名よりも日蓮宗総本山身延山久遠寺,または日蓮宗法城の域内(北は身延山,南は鷹取山,東は寺平の峰,西は春木川に限られる範囲)を指す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みのぶさん【身延山】
◇身延町にある山。海抜1153メートル。中腹に日蓮宗総本山久遠寺があり、巨杉に囲まれて大伽藍が立ち並ぶ。山麓に門前町が発達している。
久遠寺の山号、また別称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

身延山
みのぶさん
山梨県南巨摩(みなみこま)郡身延町にある山。標高1153メートル。山頂部は準平原遺物とされる平坦(へいたん)面からなり、久遠(くおん)寺の奥の院がある。山地の東と西は断層により限られ急斜面で、山体の下部は安山岩、角閃(かくせんひん)岩、上方は集塊岩などからなる。全山久遠寺領で、杉林が美しい。また東方の展望に優れる山頂には久遠寺の西方からロープウェーが運行している。一般に身延山という場合、この山中にある久遠寺を意味する。日蓮(にちれん)宗の総本山で、日蓮が1274年(文永11)西谷に草庵(そうあん)を構えた日を開闢(かいびゃく)とし、11世日朝(にっちょう)により現在の地に移転改修された。山内の菩提梯(ぼだいてい)とよぶ300段に近い石段、段上の祖師堂、大本堂などの大伽藍(がらん)群、東谷、西谷の32の坊などが周辺と調和し、森厳な美しさをみせ、信者ばかりでなく観光客をも引き付ける。[吉村 稔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

身延山
(山梨県南巨摩郡身延町)
山梨百名山」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みのぶ‐さん【身延山】
[一] 山梨県南巨摩郡身延町にある山。山頂近くに久遠寺(くおんじ)の奥之院思親閣がある。標高一一五三メートル。
[二] 山梨県南巨摩郡身延山にある日蓮宗総本山、久遠寺の山号また通称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

身延山
みのぶさん
山梨県南西部に位置する,身延山地中の山
山腹に日蓮宗総本山の久遠寺 (くおんじ) がある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身延山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

身延山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation