@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

身近【ミヂカ】

デジタル大辞泉

み‐ぢか【身近】
[名・形動]
自分のからだの近くであること。また、その場所やそのさま。身辺。「愛読書をいつも身近に置く」「危険が身近に迫る」
自分と深い関係にあること。また、そのさま。「身近問題をとりあげる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

み‐ぢか【身近】
〘名〙 (形動)
① 身に近い場所。からだの近くであること。また、そのさま。身辺。「辞書を身近に置く」
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「大臣を擒(とりこ)にするには先づ身近の秘書官から」
② 自分に関係の深いこと。また、そのさま。
※文学の根本問題(1958‐59)〈中島健蔵〉一〇「国際的な底ゆれが、たえず身近な問題として感じられてくる」
③ 日常にありふれていること。また、そのさま。「身近なことがらを例にひく」
※がらくた博物館(1975)〈大庭みな子〉すぐりの島「ごく身近などこかでいつか確かに見たことのあるなつかしい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐ぢか・い【身近】
〘形口〙 みぢか・し 〘形ク〙 からだのすぐ近くである。自分のそばに近い。てぢかである。
※能因本枕(10C終)三一七「こてのりわらはを、つきづきしきを、身ちかく呼びよせて」
みぢか‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身近」の用語解説はコトバンクが提供しています。

身近の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation