@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

軍人皇帝時代【ぐんじんこうていじだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軍人皇帝時代
ぐんじんこうていじだい
soldier (barrack) emperors; Soldatenkaiser
235~285年ローマ皇帝位を諸地方の軍隊が左右した一種内乱,危機の時代。セウェルス朝最後のアレクサンデル・セウェルス帝 (在位 222~235) 殺害後,帝位についたトラキア農民出身のマクシミヌスから 50年間,26人の皇帝がそれぞれ輩下の地方軍団から擁立されて競い合った。そのほとんどは暗殺され,外部からの侵入,内部における異種民族の抗争が続いた。その間ガリエヌスアウレリアヌス帝らは軍制の強化,皇帝の神聖化によって再建に努め,ディオクレチアヌスの登位によって軍人皇帝時代の混乱は終った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐんじんこうていじだい【軍人皇帝時代】
軍隊が皇帝を擁立・廃位したローマ帝政期の内乱時代。セウェルス朝最後の皇帝セウェルス・アレクサンデルが兵士の手により殺されて以後,ディオクレティアヌス帝の即位によって強力な専制政治が始められるまでの50年間(235‐285)をいう。その最初の皇帝マクシミヌス・ダイアは農民の出で一兵卒から昇進し,巨体怪力大食によって兵士の人気を得て帝位に推されたことが,この時代の特徴をよく示している。軍人皇帝の大部分は軍人として出世し,軍隊による推挙によって帝位を得た。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

軍人皇帝時代
ぐんじんこうていじだい
235年から284年まで続いた帝政ローマ期の混乱と無秩序時代
属州出身の職業軍人が,各地で傀儡 (かいらい) 皇帝を廃立させ,50年間に26人の皇帝が立って,そのうち2名が天寿をまっとうしたにすぎず,同時にササン朝やゲルマン人の侵入もあり,ローマの危機であった。しかし,284年,ディオクレティアヌスが皇帝となり,共和政的な要素を一掃してオリエント風の専制君主政(ドミナートゥス)を樹立し,混乱を収拾した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍人皇帝時代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軍人皇帝時代の関連情報

関連キーワード

ウラン(放射性元素)ウラン濃縮ウラン原子炉ガス拡散法レーザー同位体分離法メトン周期連鎖反応核燃料物質紫外線障害

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation