@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

軍役【ぐんやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軍役
ぐんやく
武家時代,武士主君の施す恩賞に対する義務として負担する軍事上の役務をさした。鎌倉時代には幕府命令で,惣領一族を率いて奉仕したが,室町時代から江戸時代にかけて,大名家臣に軍役を義務づけ,中央政権は大名に軍役を分担させるようになった。とりわけ,江戸幕府は,元和2 (1616) 年,次いで,寛永 10 (33) 年,慶安2 (49) 年と次第にその制度化をはかり,慶安軍役は,長く準拠とされた。すなわち,200石あたり,侍1,甲冑持1,馬口1,小荷駄1,槍持1,合計5人といった割合で石高に応じた。いったん事ある際はもちろん,平時でも国替のときなど幕府に差出す最低義務人員を規定した。文久2 (1862) 年以降,内外の情勢に対処してたびたび軍役の規準を変更した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐん‐えき【軍役】
軍隊で、軍人として務めること。「軍役につく」
戦争、戦役のこと。ぐんやく。
戦国時代以後、武士が主君に対して負う軍事上の負担。所領俸禄に応じた部下武器とを持つことが義務づけられた。ぐんやく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐん‐やく【軍役】
ぐんえき(軍役)23」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐんやく【軍役】
〈ぐんえき〉ともいう。
中世
 武士が将軍や大名に対し負担する軍事的夫役。中世の軍役は平安中期ごろから諸国国衙を中心に編制された国の(つわもの),国侍(くにざむらい)に課された兵士役を出発点とする。彼らは武芸代々伝えて,兵の家を形成し,国衙や国司の館の警固にあたり,国司の命令によって追捕活動に従った。その際にどれだけの武装と兵士を提供するかは,能力に応じて自発的に行うにすぎず,軍役としての規制はなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

軍役
ぐんやく

「ぐんえき」ともいう。武士が主君に対して提供する軍事上の負担。鎌倉時代には、御家人(ごけにん)が鎌倉幕府に対して、平時の番役や非常時における軍役を負担した。その負担は御家人という身分に義務づけられているものであって、御家人は家子郎党(いえのころうとう)の一族を率いて軍役を勤めた。室町幕府もほぼそれを継承したが、戦国時代になると、戦国大名は寄親(よりおや)・寄子(よりこ)制によって家臣から軍役を徴し、強大な軍事力を編成した。

 しかし、武士が主君から与えられる知行(ちぎょう)に対する代償、すなわち御恩に対する奉公のなかでもっとも重要なものとして、軍役が確立するのは、安土(あづち)桃山時代以後のことである。豊臣(とよとみ)秀吉の「朝鮮陣軍役立」に始まり、江戸幕府の1616年(元和2)、33年(寛永10)、49年(慶安2)の軍役令によって改定され確定された軍役制度は、石高(こくだか)制に基づく知行石高を基準として軍役負担を定めたものである。なお、この幕府の軍役規定のうち、49年の規定は、私案にとどまっていたものであるとする意見もある。これら幕府の軍役規定は、幕府に対する大名、旗本、御家人の軍役を定めているが、それはたとえば、知行高1万石については、人数235人、馬上10騎、鉄砲20挺(ちょう)、弓10張、槍(やり)30本、旗3本というものであった。そして、このような負担の量は、戦時だけではなく、参勤交代をも含む平時の幕府に対する奉公の際の基準ともされていた。

 藩主である大名もまた、この幕府の規定にのっとって、それぞれの藩の軍役規定を定めた。たとえば1637年、津(藤堂(とうどう))藩は、知行高1000石に対し、若党5人、弓者1人、鉄砲者1人、薬持1人、道具持4人、具足持2人、馬取5人、甲立1人、指物竿(さしものさお)1人、挟箱2人、弁当2人、草履(ぞうり)取2人、人足3人、合計30人という細かな規定を定めている。大名は、これらの藩士から軍役として徴した軍事力を藩単位に編成して、幕府への軍役奉公を行ったのである。

 幕末に至って軍事力の再編が必要となると、幕府は1862年(文久2)、66年(慶応2)の二度にわたって軍役規定の改定を行った。それは、洋式軍隊の編成や軍役の一部を金納化することなどを定めたものであった。しかし幕府倒壊に伴い、70年(明治3)の鎮台兵設置、翌年の陸海軍省の設置および徴兵令の発布によって、軍役は全廃された。

[佐々木潤之介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐん‐えき【軍役】
〘名〙
① 軍隊の服務、労働。戦時の夫役。
※公議所日誌‐一二・明治二年(1869)五月「国役軍役軍資金等、決して怠慢す可らざる事」
② =ぐんやく(軍役)①〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐん‐やく【軍役・軍
〘名〙
① 戦争。戦役。
※続日本紀‐文武三年(699)五月辛酉「汝坂上忌寸老、壬申年軍、不一生、赴社稷之急
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉初「今日の士族は昔しの武士とはことかはり軍役(クンヤク)の為に設置るる事ではなく」 〔戦国策‐斉策・宣王〕
② 軍務に服する義務。
※令義解(718)軍防「在軍者。年満六十。免軍役
※開化の入口(1873‐74)〈横河秋濤〉三「ソリャコソ軍役(グンヤク)にとられるは、血を絞られる時刻が来たと」
③ 中世、武士が主君に対して負う軍事上の負担。主従制の進展に従って知行制と結びついて整備され、戦国時代には知行高に応じ、一定量の武器と要員を常備することが義務づけられた。
※看聞御記‐応永二五年(1418)一〇月二九日「伏見沙汰人名主等軍役勤仕事、無先例之由令申」
※禁令考‐前集・第一・巻四・元和二年(1616)六月「軍役人数割〈略〉一、一万石、鉄炮廿挺、弓十張、鑓五十本持鑓共」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

軍役
ぐんやく
武家社会において,家臣が主君に対して負う軍事上の負担
鎌倉時代は,君主からの御恩に対する奉公として,所定の負担義務はあったが,数量的に負担が規定されるのは,貫高制に基づいて知行を配分する戦国期からである。豊臣秀吉は,朝鮮出兵を機に石高制に基づく,統一的な軍役体系を成立させた。江戸幕府もこれを継承し,1616(元和2)年,'33(寛永10)年の軍役令によって知行高に応じた軍役体系を整え,武士はこの規定によって,常時武器と人数を用意することが要求され,参勤交代,幕府の城郭普請や河川改修などの土木手伝いなども軍役とされ,諸大名も家臣に対して類似の軍役規定を定めた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軍役の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation