@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

軍政【ぐんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軍政
ぐんせい
military administration
軍事行政のこと。軍事諸機関,各部隊の建設維持,管理,教育などを実行する。作戦,兵力の運用の計画実行は軍令に属し,政と区別される。その区分は明確でないが,建軍以来政治の軍事に対する優位が確立していたアメリカや議会制度の発達していたイギリスでは,一般に軍政に属する分野が広く,またフランスのように,軍政・軍令一元主義のところもある。旧日本軍では軍部が軍政と軍令とをある場合には混同し,ある場合には分離して,軍の政治支配確立の基盤とした。西南戦争に際して,軍政・軍令の軍事権を委任されて鎮圧,征討にあたったこと,陸軍創設以来模範としてきたフランスの制度を,ドイツ式の二元主義に変えたことにより,軍令が歪曲・拡大解釈されるにいたった (→統帥権 ) 。現在では,各国とも,政治 (議会) の軍に対するコントロールを強めるため,軍政には,政治家,文官,政党指導者,実業家,学者などを参加させている。一般的な形態は,軍実施 (第一線) 部隊から中央の参謀本部までは,軍人により行政を行い,それ以上については民間人を中心とする中央行政を行うものが多い。また議会が予算,法律の審議,国政の調査権などによって軍政に関与する。国によっては,3軍の最高指揮権を元首がもっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐん‐せい【軍政】
軍事に関する政務。
戦争・内乱などに際し、軍が行政を担当すること。「軍政を敷く」⇔民政
明治憲法下で、軍の編制・維持・管理などに関する国務。→軍令
軍事政権」の略。「軍政当局がサイクロン災害に対する国際支援受け入れを渋る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐんせい【軍政】
一般に一国の軍事に関する機能は,軍政(軍事行政),軍令,軍事司法に大別される。軍政は,国家の一般統治作用の一部としての軍事に関する行政をいい,軍備,国防政策,編制装備,予算,動員人事,教育訓練,経理,衛生といった国軍の建設,維持,管理等を行う。軍政の作用には,軍の内部にのみ及ぼすものと,軍の目的のため軍外部に及ぼすもの(たとえば兵役徴発など)があり,後者は国家行政と密接な関係を持つ。軍令は統帥ともいい,国軍の最高指揮官が,軍隊の戦闘力を発揮させるため,作戦計画を立て,部隊を編成し,命令を下達して,これを指揮運用する作用をいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぐんせい【軍政】
軍事上の政務。
軍隊が占領地・戒厳地に対して行う統治。 ⇔ 民政
旧憲法下で、軍に関する行政事務。統帥事項を軍令というのに対する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

軍政
ぐんせい
国家の軍事作用のうち、軍隊の組織・編制・維持・管理に関する行政作用をいう。軍政は、軍隊の作戦・用兵に関する軍令と区別されるが、軍政事項と軍令事項の区別はかならずしも明瞭(めいりょう)ではなく、それを「混成事項」ともいう。明治憲法下では、軍政は国務の一部として、陸・海軍各大臣が補弼(ほひつ)を行った。戦後の防衛法制においては、軍政・軍令の区別を設けず、防衛作用全体を、新たに導入された文民統制の原則の下に置いて総合的に調整している。[古川 純]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐん‐せい【軍政】
〘名〙
① 一国の軍事に関する政務。〔文明本節用集(室町中)〕
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「明宗帝之に問て云く、爾(なん)ぢ軍政(グンセイ)の余、習ふ所何事ぞ」 〔春秋左伝‐宣公一二年〕
② 旧憲法下で、軍隊の編制、維持、管理に関する国務事項。指揮、運用に関する軍令(統帥)事項と区別され、内閣の一員である陸軍大臣、海軍大臣がこれを管理した。〔袖珍新聞語辞典(1919)〕
③ 戦争や内乱などに際し、占領地、戒厳地で直接、軍隊が政治を行なうこと。民政に対する語。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉台湾土産「何しろ僕が初めて渡台した軍政時代にはどんどん土人が家に侵入して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍政」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軍政の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation