@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

軍艦島【ぐんかんじま】

知恵蔵

軍艦島
長崎市の西方約19キロメートルの沖合に浮かぶ。長崎県長崎市(旧高島町)に属する。面積6.3ヘクタール、外周約1.2キロメートル。外観が軍艦に似ていることからこう呼ばれるが、正式名称は端島である。かつて海底炭田の採掘地として栄えたが、現在は無人の「廃虚の島」。炭鉱施設の多くは解体されており、朽ちたコンクリートの高層住宅群だけが往時のおもかげを伝える。
この島で初めて石炭が発見されたのは、19世紀初頭のこと。その後、1890年に三菱が旧肥前藩の領主鍋島氏から採掘権を買い取り、本格的な採炭を開始した。以降、炭鉱労働者とその家族が移住。1916年には、日本初の鉄筋アパート(7階建て)が建設された。その後、7~9階建ての高層住宅が次々に建てられ、最盛期には東京ドームの1.3倍ほどの面積に約5千200人が暮らしていたという。大陸出身の労働者も多く、戦時中の43年には、朝鮮人500人、中国人240人がいたという調査結果もある。「緑なき島」とも呼ばれたが、アパートの屋上には草木が植えられ、島内には食堂・共同浴場・学校の他、パチンコ店・映画館・プールまで備えられていた。
石炭の産出量は年間約25万トン。良質の石炭は鉄鋼生産用として、おもに福岡県の八幡製鉄所に輸送され、日本の近代工業の発展を支えた。太平洋戦争勃発の41年には、年間約41万トンを産出。74年に閉山するまで、戦後の高度経済成長にも貢献した。その後、護岸工事が行われただけで、長らく放置されたままだったが、今世紀に入り、石炭産業の盛衰を象徴する貴重な建造物として、しばしばマスコミに紹介されるようになった。2003年にはNPO「軍艦島を世界遺産にする会」も設立され、「九州山口の近代化産業遺産群」として世界遺産に登録しようとする動きも盛んになっている。長崎市も新たな観光名所として注目。07年から約1億500万円を投じて桟橋や見学用の通路を整備した。一般観光客を対象とする「軍艦島上陸ツアー」も、09年4月から始まっている。
(大迫秀樹 フリー編集者 / 2009年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

軍艦島
長崎港の南西約19キロにある周囲約1.2キロの島。明治時代から海底炭鉱で栄え最盛期には5千人以上が住んだが、1974年に閉山した。世界遺産登録をめざす「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産の一つ。
(2015-02-22 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ぐんかん‐じま【軍艦島】
《島の形が軍艦に似るところから》
長崎県長崎市にある端島通称
石川県珠洲(すず)市にある見附島の通称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐんかんじま【軍艦島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

軍艦島
ぐんかんじま

長崎県南部、長崎半島の西方海上にある小島。端島(はしま)ともいう。面積0.06平方キロメートル。旧高浜村、現在長崎市に属する。日本有数の海底炭田の島として知られた。開坑は明治初年で、鍋島(なべしま)氏を経て、1890年(明治23)三菱(みつびし)の経営に移り、以来発展して年産約25万トンに達した。島の周りは高さ10メートルのコンクリート壁で固められ、その中に選炭場、接岸施設など諸施設のほか、人口約5000人を収容する7~9階建てのアパート群が建ち並んで、人口密度5万(1平方キロメートル当り)を示した。緑なき島といわれ、遠望すると軍艦に似ているので軍艦島とよばれた。1974年(昭和49)閉山。現在は昔の無人島に戻り、アパート群が廃墟(はいきょ)として残っている。

[石井泰義]

 2015年(平成27)、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一つとして世界遺産の文化遺産に登録された。

[編集部]

『阿久井喜孝・滋賀秀實編著『軍艦島実測調査資料集』(1984・東京電機大学出版局)』『菊池豊著『軍艦島――残された航跡 廃墟が語りかける時』(1991・創栄出版)』『伊藤千行写真・阿久井喜孝文『軍艦島 海上産業都市に住む』(1995・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軍艦島
ぐんかんじま
端島」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍艦島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軍艦島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation