@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

軟着陸【なんちゃくりく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軟着陸
なんちゃくりく
soft landing
人工衛星や宇宙船,無人探査機などの宇宙機が,地球や月,その他の天体上に安全に着陸すること。激突する場合の硬着陸に対する語。大気のない月や火星着陸するには,逆推進ロケットを噴射して減速するが,地球や金星など大気がある場合は,パラシュートを使うことができる。史上初めて月への軟着陸に成功したのは,1966年1月打上げのソ連ルナ9号。アメリカでは 66年5月のサーベイヤ1号が初めて成功した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なん‐ちゃくりく【軟着陸】
[名](スル)
宇宙船などが、惑星などの重力に対して、衝撃を受けないように減速しながら着陸すること。ソフトランディング。「月面軟着陸する」
高成長を安定へ導く過程で、不況などを招かないように徐々に成長速度を低下させる経済政策。ソフトランディング。
交渉やもめ事で、無理に言い分を通そうとせず、よく話し合って結論を出すこと。ソフトランディング。「選挙を控え懸案解決に軟着陸をはかる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんちゃくりく【軟着陸 soft landing】
月・惑星探査機や宇宙船が,搭載機器や人間の耐えられるような低相対速度で目的の天体に着陸すること。軟着陸することによって,その過程での近接撮影気象観測をはじめ生物探査実験などさまざまな天体上での活動が可能になり,多くの情報を得ることができるようになった。軟着陸の方法は,着陸する天体の条件によって異なったものとなる。例えば,月では大気がないためにロケットエンジンを月面に向けて逆噴射することだけで減速しなければならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

なん‐ちゃくりく【軟着陸】
〘名〙 宇宙空間を飛行する物体が地球その他の天体に、重力に逆らって速度を緩めながら衝撃を避けて静かに着陸すること。ソフトランディング。
※墓碑銘二〇〇七年(1963)〈光瀬龍〉「トジは推力不足のまま、カリストへの軟着陸を行うことにした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軟着陸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軟着陸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation